歴史的なLitecoinのベアシグナルが発生、修正が予測されますか?

オンチェーンのデータによれば、ライトコインの指標が現在、この仮想通貨の価格にとってベアリッシュなパターンを示しているとされています。

ライトコインの30日間MVRV比率が最近急増しています

Twitterのアナリストによれば、30日間MVRV比率は最近35%に急上昇しました。ここで言う「Market Value to Realized Value(MVRV)比率」とは、ライトコインの時価総額と実現時価の比率を測定する指標です。

ここで言う「実現時価」とは、資産の真の価値を見つけるためのキャピタリゼーションモデルのことを指します。このモデルによれば、流通しているコインの真の価値は現在のスポット価格ではなく、ブロックチェーン上で最後に移動/転送された価格です。

MVRVは時価総額(つまり、スポット価格)と実現時価(資産の「実際」の価値)を比較するため、現在の価格が過剰になっているかどうかを判断できます。

MVRVの値が1よりも大きい場合、時価総額が現在の実現時価よりも大きいことを意味します。このような傾向は、現在資産が過大評価されている可能性を示唆することがあります。

一方、このしきい値以下の指標の値は、実現時価が時価総額よりも高いため、現在の仮想通貨が過小評価されている可能性を示唆しています。

以下は、過去数年間の30日間ライトコインMVRV比率の傾向を示すグラフです:

このグラフからわかるように、この指標の30日間の値は最近急激に増加しています | 出典: TwitterのAli

ここでは、MVRV比率が時価総額と実現時価のパーセンテージの差として表示されています(このバージョンの指標では、0%の線が1のマークの役割を果たします)。

上記のグラフに示されているように、30日間ライトコインMVRV比率は最近急速な成長を遂げています。この指標の上昇は、最新の仮想通貨の急騰とともに起こり、現在価格を110ドルを超えるまで押し上げました。

この指標は現在35%の値に達しており、時価総額が実現時価よりも35%高いことを意味しています。歴史的には、この指標の値が30%を超えると、資産が顕著に過大評価されていることを示す兆候となっています。

グラフからは、この30日間MVRV比率のパターンが形成されるたびに、仮想通貨の価格が一般的に常に修正されていることがわかります。この価格の下落の程度は異なりますが、平均的には30%から40%程度です。

今回もこの歴史的なパターンが続くかどうかはまだわかりません。もちろん、続けば、ライトコインは近い将来、大幅な下落を記録することになるでしょう。

LTC価格

執筆時点では、ライトコインは109ドル前後で取引されており、過去1週間で23%上昇しています。

最近、LTCは急速な上昇トレンドを見せています | 出典: TradingViewのLTCUSD