ヒンマン文書は待つ価値があるとリップルCEOブラッド・ガーリングハウス氏が述べる

米国証券取引委員会(SEC)の企業財務局元局長であるウィリアム・ヒンマン氏にちなんで名付けられた「ヒンマン文書」が、Ripple Labs IncとSECの法的闘争の中心になっており、18か月にわたる争いの末に、今回ようやく封印が解かれることになりました。

ブロックチェーンベースの決済企業であるRippleは、銘柄としてのXRPを販売することで未登録の証券募集を行ったとしてSECに告発されています。以来、RippleはXRPが証券ではないと否定し、Howeyテストの要件を満たさないと主張しています。

内部のSEC通信を含むと信じられているヒンマン文書が解封されることで、仮想通貨コミュニティはSECの仮想通貨に対する姿勢についての見解を明らかにし、XRPに関する当局の意思決定プロセスについての洞察を提供することが期待されています。

リップルのCEOであるブラッド・ガーリングハウス氏は、文書の内容は「待ち値がある」と主張しており、リップルの最高法務責任者であるスチュアート・アルデロティ氏とともに、その価値を高く評価していると強調しました。

ヒンマン文書の解封は、仮想通貨コミュニティにとって待ち望まれており、その解封が近づくにつれて、期待が高まっています。

一方、SECは、ヒンマン氏の連絡先からの非編集メールを公開するための裁判所命令の前に、彼の略歴をウェブサイトから削除したことが明らかになっています。

ヒンマン文書のリリースは完璧なタイミングか?

注目すべきは、ヒンマン文書の解封がBinanceやCoinbase Global Inc(NASDAQ:COIN)に対する法的圧力が高まる中で行われることです。SECが交換の資産凍結を求めたことは、Binanceとその関連組織に対して取られた一連の法的手続きの最新のものです。

これらの出来事の収束は、世界中の規制当局が急速に発展する仮想通貨業界を統治する包括的な枠組みを確立する必要性に直面していることを示しています。

RippleのSECとの法的闘争が進むにつれ、同社の役員たちは解決について楽観的な見通しを示しています。たとえば、Pro-XRPの弁護士であるジョン・デイトン氏は、裁判官アナリサ・トーレス氏による明確な判決が今年9月30日までに予想されるという大胆な予測を行っています。