以下はなぜイーサリアムが再び1,000ドルに下落する可能性があるのかについての理由です

現在、イーサリアムはビットコイン市場のトレンドに従い、1,800ドル以上を維持し続けています。この価格水準は、デジタルアセットのオールタイムハイから約60%下落している現在でも依然としてブルッシュです。しかし、デジタルアセットがこれまでに享受していた安定性に脅威があるため、価格が1,000ドル近くに急落する可能性があります。

イーサリアムを1,000ドルに戻す要因は何か?

今週、米国証券取引委員会(SEC)は、上位取引所バイナンスとコインベースに対して訴訟を提起し、今後も暗号通貨企業に対する規制行動が予想されます。しかし、訴訟の最も重要な部分の1つは、SECがいくつかの暗号通貨を証券として名指ししたことです。

規制当局が暗示したリストには、Cardano(ADA)やSolana(SOL)などが含まれていました。興味深いことに、SECは、デジタルアセットのステータスが昨年の論争の的であったにもかかわらず、イーサリアムを証券として名指ししていませんでした。

規制機関が名前を挙げた暗号通貨の重要な点は、イーサリアムが2022年に移行したステーキング(POS)ネットワークの仕組みです。これにより、イーサリアムが証券としてリストされる可能性があるとの憶測が生まれました。

イーサリアムが証券としてリストされた場合、すでに同じ告発で長期戦を続けているリップルと同様に、規制当局のターゲットになる可能性があります。リップルが2020年に訴えられたとき、その資産は最大60%の価値下落を経験しました。同様の出来事がイーサリアムに起こった場合、デジタルアセットは簡単に1,000ドルにまで下落する可能性があります。

ETH price resting above $1,800 | Source: ETHUSD on TradingView.com

しかし、SECはイーサリアムを追及することを示唆していません。現時点では、リップル、バイナンス、コインベースの3社が裁判で規制当局と戦うことを明確にしており、SECは手一杯の状態です。

ETH価格は依然としてしっかりと維持されています。

イーサリアムが証券として分類されるという憶測がある中で、このトークンは中長期的にブルッシュな見通しを維持し続けています。イーサリアムは100日移動平均の1,758ドルを上回って取引されており、投資家が3か月前よりも高い価格で資産を購入する意欲を示しています。

ブルの勢いが維持される限り、次の暗号通貨市場の急騰が始まる前に、ETHは簡単に1,800ドル以上を維持し続けることができます。その際、イーサリアムは簡単に2,000ドルを超えることができます。

執筆時点では、ETHは1,839ドルで取引され、過去24時間で0.35%の下落、1週間で1.22%の下落を記録しています。