ヘリウムモバイルがMOBILEトークンファーマーに取り締まりを強化

「ヘリウムモバイルがMOBILEトークンファーマーへの対策を強化」

MOBILE トークンの急騰価格は、新しいサインアップと多くの怪しげなアカウントを Helium Mobile にもたらしています。月曜日には、そのセルプランの暗号通貨リワードの支払いに関するルールが微修正されました。

ヘリウムモバイルの新規加入者は、Discovery Mapping を通じて位置情報を共有する代わりに受け取る MOBILE トークンを請求する前に、会社の利用規約によれば8日間待たなければなりません。これは12月18日に更新された利用規約です。

この変更は、ヘリウムの一部がクラウドソーシングされた携帯電話ネットワークでの成長の困難に対抗するためのものです。12月初めに全国展開を開始して以来、低コストの電話プランは新規顧客の爆発的な増加だけでなく、暗号通貨でユーザーに支払いをする独自のメカニズムへの関心も見ています。

ヘリウムモバイルのセルサービスは、Tモバイルのタワーとヘリウム自身のホットスポットの組み合わせで動作します。これらのホットスポットオペレーターは、支払いとして MOBILE トークンを受け取ります。また、ヘリウムモバイルの位置追跡サービスに参加する電話の加入者も同様の支払いを受け取ります。理論上は、新しいホットスポットの設置場所を案内するのに役立つはずです。

現在のレベルでは、Discovery Mapping を使用するヘリウムモバイルの加入者は、1日あたり2000以上の MOBILE トークンを獲得しています(CoinDesk 調べ)。これは、ヘリウムモバイルの月額20ドルのサブスクリプションの費用をわずか2日でカバーするのに十分な金額です。

MOBILE の急騰価格(今月2000%以上上昇)は、ヘリウムモバイルとそのマッピングサービスに何千人もの新規顧客を引き付けるのに役立っています。日曜日には、6,700以上のウォレットが MOBILE のリワードを受け取りました。この数字は、1週間前の倍以上です。

“ヘリウムモバイルは、何人かは他の人よりも怪しいサインアップを見てきました。”と、ヘリウムモバイルの親会社 Nova Labs の製品ディレクターであるCoco Tangは、月曜日のDiscordの投稿で述べています。

明らかに、一部の顧客は、MOBILE トークンを7日間ファーミングし、その後電話プランをキャンセルして、全額返金とおそらく何百ドルもの MOBILE トークンを手にしていました。これらの変更により、彼らがプログラムを悪用することはできなくなります。

ケビン・レイノルズの編集。