「主要な暗号通貨が急落する中、HBARトークンは驚異的な成績を収める」

HBAR token achieves remarkable performance amidst a sharp decline in major cryptocurrencies.

Hedera Hashgraphのネイティブ暗号通貨HBARは、今日8月8日のわずかな市場の活況に続いて輝いています。Hederaは、ビットコインなどの主要なコインが損失を出す中で、1か月以上続いた$0.5の抵抗線を一時的に突破し、$0.6を超えて上昇しました。

全体的な暗号市場の時価総額の上昇が多くの資産にプラスの影響を与えたにもかかわらず、HBARの利益のほとんどは最新のエコシステムの発展とパートナーシップによるものです。

印象的なエコシステムのアップデートに伴うHBARの価格パフォーマンス

取引高の減少にもかかわらず、HBARは6%以上急騰し、火曜日の朝には$0.06032の高値を記録しました。この急激な上昇は、$0.05483の安値からほぼ10%上昇したことを示しています。しかし、トークンは現在$0.05951で取引されており、高値から後退しています。

関連記事:Valkyrie、Ethereum ETFとBitcoin ETFを同時に立ち上げるためのダブルバレルアプローチを発表

さらに、HBARの価格は1週間で16%以上上昇し、ビットコインとイーサリアムの先週の利益を奪ったベアトレンドに逆行しています。このトークンの価値は、30日前の価格よりも22%以上高くなっています。

しかし、HBARの取引高は価格の軌道よりも下がっています。24時間の取引高が16%以上減少していることは、ラリーが強まる前にブルが飽和状態に達し、ベアに譲る可能性があることを示しています。

HBARの価格は、デイリーチャートで現在$0.05951で推移しています。 | 出典:TradingView.comのHBARUSD価格チャート

戦略的なパートナーシップがHBARのラリーを牽引

Hederaのネットワークの進化と戦略的なパートナーシップにより、HBARの現在の市場ポジションが向上しました。8月には、Hederaネットワークが主要な銀行および金融機関や自動車会社との注目すべき取引を記録しました。

8月2日、韓国の自動車メーカーであるヒュンダイとKIAは、Hederaネットワーク上で新しいブロックチェーンとAIを活用したサプライヤーのCO2排出量モニタリングシステム(SCEMS)の発表を行いました。この統合により、Hederaはサプライヤーからの炭素排出量データを記録し、AIが提供されたデータに基づいて将来の排出量を予測します。

同様に、8月4日には、FreshSupplyCoAuとのパートナーシップを発表し、デジタルファイナンスの景色を変える画期的な動きとなりました。この戦略的なパートナーシップにより、ユーザーは従来の銀行業務とMastercardネットワークに接続し、シームレスで安全なさまざまな国境を越える支払いを行うことができます。

Mastercardの支払いゲートウェイを介して、Hederaはブロックチェーンと従来の金融の間のギャップを埋めるために、伝統的な銀行のインフラと分散型ファイナンス技術を接続します。

これらの戦略的なパートナーシップは、ネットワークにとって重要なマイルストーンとなります。これにより、投資家がトークンを採用するにつれて、HBARの利用可能性と取引活動が向上する可能性があります。

この動きにより、HBARの到達範囲と市場での存在感が増し、ネットワークの活動とトークンの価格が上昇する可能性があります。

HBARの市場展望、ブルは持続するか?

Hederaの減少する24時間の取引高は、ベア市場の活動を示すことが多いため、現在のラリーの持続性について疑問を投げかけています。

HBARの価格チャートは、トークンが50日移動平均線を上回って取引されており、今日の価格の上昇トレンドの確認として、テクニカルインジケーターがベアリッシュトレンドの転換を示しています。ただし、相対強度指数は62から57に低下し、買い手が市場から離れるにつれて勢力が弱まっていることを示しています。

また、移動平均収束/拡散はシグナルラインと収束し、現在は下方に移動しており、薄れた緑色のヒストグラムバーから赤色のバーが生まれています。

この観察から、ブルが制御を取り戻さない限り、HBARは数時間後に下降する可能性があります。