ホークイッシュな米連邦準備制度理事会、株式市場の上昇、そして暗号通貨は後退しています

マクロマーケットは、仮想通貨アナリストのマルセル・ペチマン氏がホストを務め、毎週金曜日にKocoo Markets & ResearchのYouTubeチャンネルで放送され、複雑なコンセプトを素人にも分かりやすく説明し、日常の仮想通貨活動における従来の金融イベントの原因と結果に焦点を当てています。

Kocooのマクロマーケット第13回は、なぜ米国連邦準備制度理事会の最新動向が株式市場の上昇に関連付けられたのかを探求することから始めます。Kocooアナリストのマルセル・ペチマン氏によると、市場の一部は、経済的な景気後退のリスクが高まる中、2023年末までに5%以上の金利を維持し続けることを連邦準備制度理事会が続けるかどうかについて懐疑的でしたが、彼らは間違っていたようです。

ペチマン氏は、アメリカ政府がインフレが制御されている限り、失業率や企業収益の低下を恐れないことを示唆しており、米国株式市場の急騰の最も可能性の高い理由は、金利引き上げのリスク(実現しなかった)と、4%のインフレと1.6%の小売販売成長という最近のマクロ経済データであると述べています。

一方、ペチマン氏によると、仮想通貨の規制環境は明らかに不利であり、米ドルに対する最大の2つのリスク(債務上限と制御不能なインフレーション)は消滅しました。したがって、不動産セクターの弱さを考慮して、投資家は今後数か月で株式市場を好む選択肢として正しいと思われます。

番組の次の部分では、欧州中央銀行(ECB)が8回連続で金利を引き上げたことについて議論します。ペチマン氏によれば、ECBは米国連邦準備制度理事会ほどホーク派ではなく、基本金利が3.5%であることに追いつくために今後も金利を引き上げる予定です。

ペチマン氏は、クレジット・デフォルト・スワップがどのように機能するかを説明し、市場価格に基づいて米国と欧州の国々のリスクの歪みを示しています。彼の結論は?おそらく、米ドルは期待よりも優勢な準備通貨地位を維持するでしょう。ただし、欧州は2四半期連続でマイナス成長を記録した後、既に技術的な景気後退に入っているため、ユーロには見通しが良くありません。

主要な仮想通貨アナリストや専門家からの独占で貴重なコンテンツをご希望の方は、Kocoo Markets & ResearchのYouTubeチャンネルに登録して、毎週金曜日のマクロマーケットに参加してください。