「Hashkey HKは、$1Mのポートフォリオ要件を満たすことで、AVAX取引を開始します」

Hashkey HK starts AVAX trading by meeting $1M portfolio requirement.

香港の暗号通貨取引所Hashkeyは、特別行政区(SAR)で最初に小売暗号通貨ライセンスを受け取った取引所であり、同取引所でAvalanche(AVAX)の取引を開始します。ただし、注意点があります。

2023年9月27日の発表によると、香港証券先物委員会(SFC)の定義によれば、プロの投資家または投資ポートフォリオの価値が800万香港ドル(約100万ドル)を超える個人のみがHashkey取引所でAVAXを取引することができます。現在、SFCは小売取引にBitcoin(BTC)、Ether(ETH)、およびTether(USDT)のみを承認しており、その他のアルトコインはプロの投資家に制限があります。

SFCは、香港で規制された小売暗号通貨取引が8月に開始されて以来、取引所に対して重要な制限を設けてきました。グローバルな対応とは異なり、Hashkey香港はユーザーに対して、顧客確認プロセスの一環として1,500ドル相当の入金を要求しています。

Cointelegraphは6月に報じていますが、暗号通貨取引所は香港の仮想資産プロバイダー(VASP)ライセンスを取得するために2500万ドル以上を費やしています。一方、Hashkey香港の24時間取引高はたったの5.3百万ドルで、3つの暗号通貨で行われており、グローバルな取引所とは比べ物になりません。

皮肉なことに、規制された暗号通貨制度の導入は、悪質な行為者の活動を止めることにはならなかったようです。9月のToken2049カンファレンスでは、香港史上最大の金融詐欺事件が発覚し、JPEX暗号通貨取引所は崩壊しました。警察は、JPEXが投資家の資金1億7800万ドル以上を横領したと非難しており、事件当時、その取引所はSFCに登録されていませんでした。この事件以降、SFCはSARで非準拠と見なされる暗号通貨取引所の警告リストを公開し始めました。

注目!HashKey取引所で$AVAX @avax が利用可能になります。入金と出金は利用可能で、AVAX/USDの取引は9月28日に開始されます。プロの投資家のみ、これはあなたのためです!#CryptoAlert 詳細はこちら: https://t.co/sKNFHDF6oe pic.twitter.com/ZQpzSmAi39

— HashKey取引所 (@HashKeyExchange) 2023年9月27日

記事: ブロックチェーンの探求者:Mt. Goxの崩壊がChainalysisの誕生を見た