暗号通貨投資家のHashKeyは、新しいデジタル資産ファンドのために1億ドルを調達することを目指しています

HashKey, a cryptocurrency investor, aims to raise $100 million for a new digital asset fund.

HaskKey Capitalは、デジタル資産金融サービス企業として、9月1日に香港証券及び期先取引委員会(HK SFC)によって規制された流動性のあるデジタル資産ファンドの立ち上げ計画を発表しました。HashKeyは、CoinDeskに語ったところによれば、このオープンエンドファンドには少なくとも1億ドルを調達することを目指しており、完全に仮想資産に特化します。

流動性資産ファンドは、デジタル資産の規制体制の創設により、香港が再びグローバルな暗号通貨ハブの一つとなったことに続いて登場しました。この新しいファンドは、家族オフィスや主権ファンドを含む機関投資家から5億ドルの資本を確保したHashKey FinTech Investment Fund IIIの終了からわずか9ヶ月以内にオープンする予定です。HashKeyは、関係者によると、この件に詳しい情報源によれば、同社は10億ドルの評価額で1億ドルから2億ドルを調達することを検討していると今年5月にBloombergが報じています。

流動性資産ファンドは、デジタル資産の規制体制の創設により、香港がグローバルな暗号通貨ハブとして再浮上したことに続いて登場しました。この新しいファンドは、完全にデジタル資産からなるポートフォリオを持つHashKey FinTech Investment Fund IIIが終了してからわずか9ヶ月以内にオープンする予定です。