「仮想通貨取引プラットフォームGSR、シンガポールで事前MPIライセンスを取得」

GSR, a cryptocurrency trading platform, obtains pre-MPI license in Singapore.

Source: Pixabay / Sasin Tipchai

仮想通貨市場メーカーGSRの子会社であるGSR Marketsは、シンガポール通貨金融庁(MAS)からメジャーペイメントインスティテューション(MPI)ライセンスの原則承認を取得しました。

シンガポール当局はこれまでに、Coinbase、Blockchain.com、Circle、Paxos、Rippleなどを含む14社のデジタルペイメントトークン企業にMPIライセンスを付与してきました。GSRもGSRと同じ日にMPIライセンスを完全に取得したCoinbaseなどに続いてライセンスを取得したと述べています。

GSRは、MASが設定した厳格な入場要件を満たし、市内での運営に向けて完全なライセンスを取得するための取り組みを行っていると述べています。

同社のプレスリリースによれば、この重要な進展は、GSRがシンガポールでの立ち上げを支援するだけでなく、Web 3.0の普及を促進し、APAC地域の企業に投資することも可能にするとのことです。

GSRグループのCEOであるJakob Palmstiernaは、「GSRが大きな一部となりたいと思う成長するデジタル資産エコシステムを形成するための建設的な監視に対して、MASには非常に感謝しています」と述べています。

MASの規制フレームワーク

先月報じられたところによれば、シンガポールは、仮想通貨資産を保護するために税制上有利な避難所を求める仮想通貨富裕層にとって最も友好的な目的地として浮上しています。ヘンリー&パートナーズのCrypto Adoption Indexは、税制上の友好性のパラメーターで10点満点を与えています。

ただし、最近選出されたシンガポールの大統領であるTharman Shanmugaratnam氏は、デジタル資産に対して批判的な立場をとっています。

GSRグループのCOOであるXin Song氏は、シンガポールの中央銀行MASのような「尊敬される規制機関」からライセンスを取得したことは大きな評価であると述べています。

「MASはデジタル資産の有用性について明確なフレームワークを提供し、私たちが地元のクライアントパートナーシップを深め、エコシステム内での流動性プロバイダーとしての重要な役割を続けることを可能にしました。」

2022年6月、市の規制機関の最高Fintech OfficerであるSopnendu Mohanty氏は、シンガポールが仮想通貨業界の悪い行為に対して「厳しく容赦のない」対応をしていると強調しました。