「Grayscaleは、Ethereum TrustをスポットのEthereum ETFに変換するための申請を提出します」

Grayscale submits application to convert Ethereum Trust into Ethereum ETF.

  • Grayscaleは、SECの承認を求めて、Ethereum TrustをEthereum ETFに変換することを目指しています。
  • GrayscaleのEthereum Trustは、約50億ドルのEthereum資産を管理しています。
  • スポットETFへの移行により、直接かつ規制された暗号通貨の露出が提供されます。

デジタル資産投資のグローバルリーダーであるGrayscale Investmentsは、米国証券取引委員会(SEC)の承認を求めて、Grayscale Ethereum Trust(ETHE)をスポットのEthereum上場投資信託(ETF)に変換することを目指して注目を集めています。

📣私たちは誇りに思います。NYSE Arcaは、SECにForm 19b-4を提出し、Grayscale Ethereum Trust $ETHEをスポットの#Ethereum ETFに変換するための申請を行いました。https://t.co/IAHDHTdeqp🧵(1/4) https://t.co/IAHDHTdeqp

— Grayscale (@Grayscale) 2023年10月2日

NYSE Arcaとのパートナーシップによるこの動きは、暗号通貨をさらに主流の金融景観に近づける大きな一歩となります。

GrayscaleのEthereum Trust

GrayscaleのEthereum Trust(ETHE)は現在、世界最大のEthereum投資商品となっており、約50億ドルもの資産を運用しています。この信託は、投資家にEthereumへの露出を提供するため、彼らの代わりにEthereumを保持しています。

しかし、スポットETFへの変換はゲームの変化をもたらします。

暗号通貨ETFへの需要の増加

スポットETFは、先物契約に依存する信託と比較して、より直接的なアプローチで暗号通貨への投資を行います。

スポットETFでは、投資家は先物契約ではなく、この場合はEthereum自体を所有しています。このアプローチは、投資家に対してより透明性とセキュリティを提供し、規制当局の監視下で暗号通貨市場に参加することを求める人々にとって魅力的なオプションとなっています。

Grayscaleの暗号通貨投資への進出

Grayscale InvestmentsのCEOであるMichael Sonnensheinは、同社が従来の投資商品に暗号通貨への露出を提供することに取り組んでいると述べました。

Grayscale Investmentsは、最近、暗号通貨ETFの将来を形作る可能性がある法的な争いに勝利したことで、SECにはよく知られています。この判決は、規制当局が今後の暗号通貨ETFの申請にどのように対応すべきかについての重要なガイドラインを提供し、暗号通貨業界のさらなる発展の舞台を作りました。

暗号通貨市場が進化し続ける中、GrayscaleのEthereumスポットETFの申請は、暗号通貨を主流の金融に統合する過程での別のマイルストーンを表しています。承認されれば、今年早くに承認されたPurpose Bitcoin ETFに続いて、規制された直接の経路を提供し、投資家がデジタル資産にアクセスするための道を開くことになります。

この動向は、より多くの機関投資資金を引き寄せ、市場の流動性を高め、暗号通貨投資の新時代を築く可能性があります。