「Grayscaleが新しいEther先物ETFの申請を行う:公式発表」

Grayscale applies for new Ether futures ETF official announcement.

デジタル通貨投資企業のGrayscaleは、最新の会社であり、証券取引委員会(SEC)に新しいイーサリアム先物取引上場投資信託(ETF)を申請しました。

Grayscaleは9月19日、ニューヨーク証券取引所(NYSE)アルカルール8.200-Eの下でGrayscale Ethereum Futures Trust(ETH)ETFの株式の上場および取引を公式に提案しました。

この提案は、1934年の証券取引所法およびNYSEがSECに提出した規則変更に基づいています。ETFは、提出書類で「スポンサー」とも呼ばれるGrayscale Advisorsによって運営されています。

「スポンサーは、商品先物取引委員会に登録されるプールオペレーターとなる手続きを進めており、また全国先物協会のメンバーとなる手続きを進めています」と書類には記載されています。また、提案書はGrayscale Advisorsがトラストの商品取引顧問としてVidenct Advisoryをサブアドバイザーとして契約していることも明記されています。

Grayscale Ethereum Futures Trustは、「おおよそ一定の満期プロファイルを持つEther先物契約を保有することを目指している」と提案書に記載されており、「現金決済まで先物ポジションを維持しない」とも述べられています。

ETFのEther先物契約の性質上、トラストはEtherの管理者を必要としませんと提案書には記載されており、以下のように述べられています:

「トラストは、先物契約でオープンポジションを開始するために初期証拠金を預け入れます。証拠金預託は現金の契約成績保証です。トレーダーが購入または売却する先物契約の成績を保証するのに役立ちます。」

最新の提出書では、Grayscaleは現在2つのEther先物契約を提供しており、1つは50 Etherを表し、「ETH契約」と呼ばれ、もう1つの契約は0.1 Etherを表し、「Micro Ether Futures(MET契約)」として知られています。

関連記事: GrayscaleがPoW Ethereumトークンのポストマージを正式に放棄

ETH契約は2021年2月8日にシカゴ・マーカンタイル取引所(CME)のGlobex取引プラットフォームで取引が開始され、ティッカーシンボルは「ETH」となり、アメリカドルで現金決済されます。MET契約は2021年12月6日にCMEのGlobex取引プラットフォームで取引が開始され、ティッカーシンボルは「MET」となり、こちらもアメリカドルで現金決済されます。

このニュースは、デジタル資産管理企業のValkyrieが先月中旬にSECにEther先物ETFの申請を行った数週間後に発表されました。それに続いて、他の数社がETH先物ETFの申請を行っています。2021年8月17日、Bloombergは、SECが初めてEther先物に基づくETFを認可する予定であると報じ、Ethereum市場に多くの期待感をもたらしました。

先月、GrayscaleはSECによるGrayscale Bitcoin Trust(GBTC)の上場Bitcoin取引所上場投資信託(ETF)への変換に向けた努力において、一部の勝利を収めました。SECはGBTCの申請を却下し、その後Grayscaleが訴訟を起こしました。控訴裁判所はGrayscaleの審査請求を認め、SECのGBTC上場申請の却下命令を取り消しました。この勝利は、Grayscaleの現物Bitcoin ETFの最終的な上場を保証するものではありませんが、コミュニティからは熱狂的に迎えられました。

雑誌: DeFi Dad、殿堂入り:Ethereumは「非常に低く評価されている」が、より強力になっている