グラミー賞はAIによって生成された音楽を受け入れ、それを賞のノミネート対象と考えています

グラミー賞は、芸術的な優れたものを称えることで知られており、AIによって生成される音楽の成長する影響力も認識し、新たな地平を切り拓いています。Recording AcademyのCEO兼会長であるハービー・メイソン・ジュニア氏は、Associated Pressとの最近のインタビューで、AIによって生成される音楽がグラミー賞の対象となる条件について明らかにしました。

彼によれば、もしAIの声モデルがトラックのリード・ボーカルを担当する場合、その曲の作曲部門には考慮されるかもしれませんが、演奏部門には考慮されません。メイソン氏はさらに、人間の創造性の欠如する演奏部分は、アカデミーの芸術表現のビジョンに合致せず、ノミネートや授賞の対象にならないと説明しました。

Recording AcademyのCEOは、人間の関与と意義ある貢献がグラミー賞の考慮事項において非常に重要であると強調しました。創造的なプロセスにおいて人間が重要な役割を果たしている限り、その貢献は常に認識され、ノミネートの対象となるが、AIの部分には該当しないとのことです。

メイソン氏はインタビューでAPに語り、「人間が最小限以上の貢献をしている限り、つまり意義ある方法で貢献している限り、彼らは常にノミネートまたは受賞の対象となります。私たちは技術が人間の創造性を置き換えることを望んでいません。技術が人間の創造性を向上させ、飾る、または加えることを確保したいのです。それが私たちが今回の授賞サイクルでこの特定の立場を取った理由です」と述べました。

AIによって生成された曲はノミネートの対象となります

これらの明確化は、Recording Academyが6月28日に発表した改訂された規則と対象基準への応答として行われました。このガイドラインは、ポール・マッカートニーが「最後のビートルズのレコード」のためにジョン・レノンの声を抽出するためにAIが使用されたことを明らかにした後に導入されました。

新しく更新された規則は、人間の著作権がない音楽はどのグラミー賞の部門においても対象外であると明示しています。しかし、メイソン氏は、AIが組み込まれた作品は、今後の2024年のグラミー賞でノミネートの対象となることを明確にしました。

「AI、またはAIが作成した要素を含む音楽は、絶対にエントリーおよびグラミー賞のノミネートの対象となります。間違いありません」とメイソン氏は述べました。

音楽アーティストがAIによって生成される作品について懸念を表明

AIが音楽において果たす役割は、アーティストの間で興奮と議論を引き起こしています。グライムスは、以前にグラミー賞を受賞したことがないカナダのミュージシャンであり、AI技術の利用を歓迎し、彼女の声を成功裏にトラックに取り込んだクリエイターとはロイヤリティを共有する意思を示しました。

このカナダ出身のアーティストは最近、彼女のファンや世界中の音楽クリエイターが彼女の声を法的な問題なく自由に統合できるAIソフトウェアを発表しました。

グライムスとは異なり、アイス・キューブはAIを「悪魔的」と表現し、彼らの声をAIトラック上で模倣し、そのような曲をホストするプラットフォームに対して法的措置を取る意思を表明しました。