「GoogleはAIを搭載した機能強化により検索エンジンをアップグレード」

Google upgrades its search engine with enhanced functionality powered by AI.

2023年8月15日、Googleは検索エンジンに一連の強化策を導入しました。高度な生成型人工知能(AI)機能を取り入れ、オンライン情報の発見と理解を向上させるとしています。

この最新のアップデートは、同社のSearch Generative Experience(SGE)の基盤を拡張しています。SGEは、2023年にベータ版が導入されたもので、AIによるコンテクストに基づいた概要と提案を提供し、検索結果を向上させることを目指しています。

生成型AIは既存の情報源から新しいコンテンツを作り出すことに重点を置いています。ChatGPTなどの有名なツールは、過去の知識から詩や要約などのテキストベースの出力を生成することができます。

新しく導入されたSGE機能を示す画像。出典: Google

導入されたSGE機能は現在初期テスト中です。有効になると、ユーザーはウェブページを閲覧する際にボタンをタップすることで、ページの主要なトピックのAIによる要約にアクセスすることができます。各ポイントは関連セクションにハイパーリンクされており、長いまたは複雑な記事内での迅速なナビゲーションを容易にします。

Googleが開発したAIエンジンは、ウェブページのコンテンツを分析して中心的なテーマを特定します。Googleの製品リードであるRany Ngによれば、このプロセスは複雑な概念の理解や特定の詳細の把握を支援し、「情報の理解と理解を向上させる」とのことです。

MicrosoftのBing Chatは、既に同様の要約機能を導入しており、Googleが生成型AIを導入する前に先行しています。しかし、Googleはウェブコンテンツと意味の理解における専門知識に優位性があると主張しています。

関連記事: Anthropic AIが韓国から1億ドルの資金調達を実施し、通信業界を強化

SGEの追加の強化策は、技術的なテーマの理解に焦点を当てています。AIによるコーディングの要約では、ハイライトされた構文が表示され、理解が容易になります。同様に、AIによる回答で理解できない用語にカーソルを合わせると、定義や関連する図が表示されます。

Googleは、生成型AIが検索機能を改善し、個々の人々が新しい視点や洞察をより簡単に発見できるようにすると主張しています。しかし、一部の専門家は、AIへの過度の依存が個人の分析能力を損なう可能性があると警告しています。

Googleは2023年7月1日にプライバシーポリシーを更新し、公に利用可能なデータをAIのトレーニングに使用することを許可しました。

この記事をNFTとして収集して、歴史の一瞬を保存し、暗号空間での独立ジャーナリズムをサポートしましょう。

雑誌: AI Eye: AppleがポケットAI、ディープフェイク音楽契約、催眠術のGPT-4を開発中