Googleは、AIのトレーニングのためにデータスクレイピングを許可するために、プライバシーポリシーを更新しました

Googleは、公に利用可能なデータを取得し、人工知能(AI)のトレーニング目的で使用することを許可するプライバシーポリシーの更新を行いました。

この会社のプライバシーポリシーの更新は、7月1日に行われ、サイトの更新ページに掲載されたリンクを介して以前のバージョンと比較することができます。

最新バージョンでは、GoogleのAIモデルであるBardおよびCloud AIの機能が追加され、公に利用可能なオンライン情報や「その他の公共の情報源」からトレーニングを行う可能性のあるサービスに含まれていることがわかります。

このポリシーの更新により、Googleは公開されたオンライン上にアップロードされたすべてのものが、同社が開発する現在および将来のAIシステムのトレーニングプロセスに使用される可能性があることを一般の人々やユーザーに明示しています。

このGoogleの更新は、人気のあるAIチャットボットChatGPTの開発元であるOpenAIが、カリフォルニアで集団訴訟を受けた後に行われました。この訴訟では、OpenAIがユーザーのプライベート情報をインターネットを通じて無断で収集したと主張されています。

この訴訟は、OpenAIがソーシャルメディア、ブログ、Wikipediaなどのコメントや個人情報からデータを収集し、同意を得ることなくChatGPTをトレーニングしたことにより、数百万人のユーザーの著作権とプライバシー権を侵害したと結論づけています。

関連記事: アメリカ副大統領がトップテックCEOたちを集め、AIの危険性について議論

Twitterが最近、アカウントの検証ステータスに応じてユーザーがアクセスできるツイート数を変更したことにより、インターネット上でウワサが広まっています。これは、AIデータスクレイピングの一部によるものだとされています。

Twitterの開発者のドキュメントによれば、レート制限はTwitterのアプリケーションプログラミングインターフェースへのリクエストのボリュームを管理するための手段として導入されました。

Twitterのオーナーであり元CEOであるElon Muskは最近、プラットフォームが「データが略奪されすぎて通常のユーザーにサービスの品質が低下している」とツイートしました。

雑誌: AI Eye:2万5000人のトレーダーがChatGPTの株式予想に賭ける、AIはサイコロの投げ方が下手、その他