Google Cloudは、自分自身でGPTスタイルのAIを構築するための無料のコースを開始しました

Google Cloudは最近、Generative AIシステムの基礎を教える一連の無料のオンライン教育コースを開始し、Generative AI Studio開発環境の紹介も提供しています。

コストなしで#generativeAIについて学びましょう!このGoogle Cloud Skills Boostの学習パスでは、Generative AIとGoogle Cloudの変革的な技術へのアプローチを理解するための基礎知識を教えてくれます → https://t.co/uLeaKNpq67 pic.twitter.com/nRW1kcMZCR

— Google Cloud (@googlecloud) June 4, 2023

OpenAIのChatGPTシステムが2022年11月に発表されて以来、Generative AIシステムはグローバルな産業となりました。その後、Microsoft、Google、Amazon、Baiduなど、多数のテック企業が大規模言語モデルや画像生成器に対する一般の熱狂を利用しようとしました。

新しいGoogle Cloudのコーパスは、Generative AI、大規模言語モデル、責任あるAI、画像生成、Generative AI Studioなど、9つの異なるモジュールで構成されています。また、エンコーダー・デコーダー・アーキテクチャ、アテンション・メカニズム、トランスフォーマーおよびBERTモデル、イメージキャプションモデルの作成方法など、重要なGenerative AIのコンセプトについても深く掘り下げています。

関連記事:生産性を向上させる7つのChatGPTプラグイン

この提供は、学生がラボとタイムドアサインメントを完了してGenerative AI Explorer-Vertex AIバッジを獲得できる「クエスト」で終わります。

Google Cloudによると、これらのコースは、Generative AIのトピックについての十分な導入を提供し、ユーザーが自分自身の基礎モデルを作成、トレーニング、展開するための基礎を教えるはずです:

「この学習パスは、Generative AI製品や技術に関する厳選されたコンテンツを通じて、大規模言語モデルの基礎からGoogle Cloud上でGenerative AIソリューションを作成し展開する方法までをガイドします。」

Generative AIモデルは、最近、暗号通貨やブロックチェーンセクターで主要な存在となっています。取引ボットやデータ管理アシスタントとしての使用例がよく知られていますが、ChatGPTやその他のモデルは教育的な役割も果たしています。

ドイツ・ハンブルクのブロックチェーンリサーチラボの研究者によると、ChatGPTや類似のAIシステムの普及は、複雑なコンセプトを一般の人々に説明する能力により、世界的な暗号通貨の採用増加に寄与している可能性があります。