「Google、Google DocsとDriveでのeSignature機能のオープンベータ版を発表」

Google announces open beta version of eSignature feature on Google Docs and Drive.

Googleは、Google WorkspaceのeSignature機能のオープンベータ版を発表しました。この機能は、Google DocsおよびGoogle Driveのユーザーに利用可能です。

公式のブログ投稿によると、Googleは昨年6月以来、Google DocsでeSignatureのアルファテストを行ってきました。このテストでは、署名と日付のドラッグアンドドロップ、すべてのコメントと提案の解決後の署名の要求などが含まれていました。また、契約の進捗状況の監視や保留中の署名と契約の状態の追跡も試験的に行っていました。これらの機能はすべてユーザーに利用可能です。

ブログ投稿では、今年後半にもいくつかの新機能が利用可能になることも発表されています。ユーザーは、完了した契約に関する自動の監査トレイルレポートや、複数のユーザーからの署名要求が可能なマルチサイン機能を見ることができます。さらに、Gmail以外のユーザーに対してもeSignatureの要求が可能になります。また、Google DriveのPDFファイルでeSignatureを開始することも可能です。ブログ投稿によれば、いくつかのGoogle Workspaceエディションは、数週間以内にeSignatureをテストすることができるようになるでしょう。

新しいGoogle eSignature機能は、他のプラットフォームが同様のオプションをユーザーに提供してから長い時間が経過しています。例えば、Dropboxは2019年にワークフローおよびeSignature企業のHelloSignを2億3000万ドルで買収し、その機能を統合しました。現在はDropbox Signと呼ばれるこの機能を使用すると、ユーザーはDropbox内で文書の交換と署名を行うことができます。Adobe Acrobatも同様の機能を持っています。

また、カリフォルニア州に拠点を置くeSignature企業であるDocuSignもあります。DocuSignはGoogle Drive、Evernote、Microsoft 365、Dropboxなど、いくつかのプラットフォームと基本的な統合を提供しています。特定のプランでは、Microsoft Dynamics、NetSuite、Salesforce、Sugar CRM、Microsoft SharePointとの統合も可能です。DocuSignは、2024会計年度第1四半期に予想を上回る6億6100万ドルの収益を発表しました。

Google eSignatureは他の製品発表に続く

先週、CoinspeakerはGoogleが人工知能を使用してGoogle Assistant機能をアップグレードする計画を報じました。報道によれば、同社は大規模言語モデル(LLM)技術を活用した「パワーアップ」したアシスタントの開発に取り組んでいます。

新しいGoogle Assistantは、より高度な会話をサポートし、ユーザーのインタラクションをより魅力的なものにします。BardやChatGPTなどの生成型AIチャットボットと同様にLLMを使用することで、ユーザーはより高度なアシスタントを体験し、問題の解決やアシスタントの役割を果たすためのより多くのソリューションとツールを利用することができます。

Googleはまた、ジャーナリスト向けのAIパワードツールの開発も進めています。LLM技術も使用したこのツールは、ジャーナリストやメディア関係者がニュース記事を執筆するのを支援するためのものです。報道によれば、Googleはすでにニューヨーク・タイムズ、ワシントン・ポスト、ニューズ・コープなどのいくつかのニュース機関に対してこのツールを提案しています。

この新しいツールは、ジャーナリストから提供された詳細を使用してニュース記事を作成することができます。また、最新の出来事に基づいてこれらの記事を作成することも期待されています。ただし、Genesisに対する反応は大きく分かれています。一部はこれを称賛すべきだと考えていますが、他の人たちはGoogleがニュース執筆を軽視していると指摘しています。一部のジャーナリストは、Genesisに対して雇用主がジャーナリストの役割を削減し始めることを懸念しています。