「2025年までに、AI投資は世界全体で2000億ドルに達する可能性がある」- ゴールドマン・サックス

Goldman Sachs There is a possibility that AI investment will reach $200 billion worldwide by 2025.

人工知能への投資は急速に増加しており、ゴールドマン・サックス(GS)は、その影響が電気の発見やパーソナルコンピュータの登場よりも、アメリカの国内総生産(GDP)により大きな影響を与える可能性があると述べた。経済学者のジョセフ・ブリッグスとデヴェッシュ・コドナニは、報告書で「生成型AIは経済的なポテンシャルが非常に大きく、広範な使用の後、世界の労働生産性を1%以上年間成長させる可能性がある」と書いている。

このような大規模な変革が起こるためには、企業が「新しい技術を取得し導入するために、物理的な資本、デジタル資本、人的資本に大規模な前向き投資を行い、ビジネスプロセスを再構築する必要がある」と報告書は述べている。

2025年までにこれらの投資は世界全体で約2000億ドルに達し、採用と効率の向上が生産性の大きな向上をもたらす前に実現する可能性が高いと銀行は述べている。

長期的には、人工知能への投資は、アメリカのGDPの2.5%から4%、他のAIリーダーの1.5%から2.5%に達する可能性があると述べられている。

「非常に急速な成長にもかかわらず、AI関連の投資は現在、アメリカと世界のGDPの非常に低い割合を占めているため、近い将来のGDPへの影響は比較的控えめである可能性がある」とアナリストは書いており、これまでの投資はモデル開発に重点が置かれていたが、生成型AIをスケールさせるには「はるかに大規模なハードウェアとソフトウェアの推進が必要となる」と述べている。

報告書は、AIの採用がアメリカ経済に実質的な影響を与えるのは2025年から2030年の間になると付け加えている。

詳しくはこちら:ブロックチェーンはAIの課題に答えを提供するかもしれない

編集:シェルドン・リーバック。