ゴールドマン・サックスは、連邦準備制度理事会(Fed)が2024年第3四半期に初めて利下げを行うと予想しています暗号通貨市場はどのように反応するのでしょうか? 」

「ゴールドマン・サックスは、連邦準備制度理事会(Fed)が2024年第3四半期に初めて利下げを行うと予想していますこのような動きによって暗号通貨市場にはどのような影響が及ぶのでしょうか? 」

出典:ピクサベイ

バンキングの巨人であるゴールドマン・サックスは、アメリカ連邦準備制度が2024年に2回の利上げを行うと予測し、最初の利上げは第3四半期に発表されると予想しています。

最近のロイターの報告によると、ゴールドマン・サックスは来年に2回の利上げを見込んでおり、これは先週の上場資産の価格が上昇した中で、冷え込んだインフレーションを挙げています。また、以前の時点での現在のデータに基づいて利下げを予測したため、12月までに利下げが行われると予想していました。

暗号通貨市場にとって、これは市場全体の上昇相場の中での重要な予測であり、先週、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)を含む主要資産の価格が年間最高値に達しました。

連邦準備制度の金利は5.25%であり、インフレーションが冷え込むことを予測するトレーダーたちによれば、国内や他のいくつかの管轄区域では、金利が4.875%に下がる可能性があります。

ゴールドマン・サックスの主席金融アナリストであるジャン・ハジウスは、ロイターの引用した分析の中で、最近の数週間で期待以上に強い労働市場が現れたため、インフレーションの削減は後になる可能性があると書いています。

「健全な成長と労働市場のデータは、保険による利下げが直近ではないことを示唆しています… ただし、より良いインフレ情報は、通常化による利下げが少しばかり早くなる可能性を示唆しています。」

消費者物価はほとんどの市場で相対的でしたが、バンキングの巨人は、一部の参加者がさらなる利下げを求める一方で、急激な価格変動を助長するのを避けるために他の参加者が立ち止まる可能性があると考えています。

「私たちのインフレ予測は少し下方修正されましたが、FOMC(連邦公開市場委員会)の参加者は引き続き楽観的ではない方向で誤算する傾向にあるでしょう。」

利下げに対する暗号通貨市場の強気反応

伝統的には、高いインフレによる金利上昇は、借り入れが困難になるため、投資家がリスキーな資産から資金を引き出すことで市場の成長を妨げます。

一方、連邦準備制度や他の銀行当局がインフレが低下したために利下げを発表すると、小規模および大口投資家の借り入れが容易になり、市場に新たな資金循環が生まれるというサイクルが起こります。

2021年のバルーン・ランの後、世界的なインフレと金利の上昇により、数多くのデジタル資産の価格が急落し、トレーダーやマイナーが苦境に立たされたのはそのためです。

インフレや広範な経済要素により資産価格が暴落してしまったものの、2022年のデジタル資産の不振は、テラやFTXの暴落など内部市場の崩壊にも起因していました。

牛が舵を握っている?

金利が下落すると、総合市場の時価総額がわずかに成長することが見られ、BTCが4万1000ドルを超えるなど価格が再び急上昇しているため、牛は次の半減期のトーンを設定することに興味を持っています。

最近の数か月間、機関投資家は、証券取引委員会(SEC)によるスポットビットコインETFの承認が期待されているとともに、市場への関心を新たにしました。

総資産管理額(AUM)が450億ドルを超える勢いで上昇していることから、いくつかのアナリストは、ETFの承認が迫っていることで市場の見通しは上向いていると提案しています。