世界の銀行監督機関が、ステーブルコインに優先的なリスク取扱いを与える基準に改正を提案します

世界の銀行監視機関が、ステーブルコインに対する優先的なリスク取り扱いの基準を改正する提案を行います

バーゼル銀行監督委員会(BCBS)は、先週発表した諮問文書で、ビットコイン(BTC)などの裏付けのない仮想通貨よりも、ステーブルコインをリスクの低いものとみなすための基準の改訂案を提案しました。具体的な改訂内容については、木曜日に発表された諮問文書をご参照ください。(詳細はこちら)

コインデスクによれば、世界的な銀行規制機関は、ステーブルコインの分類基準を見直す意向だと報じられました。ステーブルコインは、米ドルなどの準備資産と同等の価値を保持することを目的とした仮想通貨です。木曜日に公表された諮問文書では、提案された改訂内容が詳細に説明されています。(詳細はこちら)

バーゼル委員会はこれまでに、仮想通貨に対して厳しい姿勢を取ってきました。ビットコインなどの浮動型デジタル資産に対して、建前上のリスクウェイトを最大1,250%とすることを勧告しており、銀行は自己資本を発行する必要があります。また、これらのリスキーな資産については、銀行が自己資本の2%を超えて配分することは許されていません。バーゼル委員会は、これらの基準に変更を加える予定はないと述べています。(詳細はこちら)

しかし、仮想通貨には「効果的な安定化メカニズム」がある場合、優遇的な1bグループの規制処理の対象となります。これは、ステーブルコインが「既存のバーゼル枠組みにおける基礎積出リスクウェイトに基づく自己資本要件」を課されることを意味します。ビットコインなどに対して設定された厳しい要件とは異なります。(詳細はこちら)

現在、ステーブルコインは「常に交換可能」である必要があり、これに適合すると優遇的な規制処理の対象となります。「監視され、規制された主体によって発行され、堅固な償還権とガバナンスを備えたステーブルコインのみが対象になる」とバーゼル委員会は述べています。(詳細はこちら)

この記事は更新されます。

シェルドン・リーバックによる編集。