「準備を整えよ」- イギリスの規制機関が仮想通貨企業に伝えるメッセージ

イギリスの金融行為監視機構(FCA)は、国内で運営しているすべての暗号資産企業に対して、10月の締め切りまでにマーケティングのコンプライアンスを確保するよう警告を発出しました。

7月4日付けの書簡によれば、FCAは2023年10月8日から、イギリスのユーザーに対してマーケティングを行う暗号資産企業は、金融広告制度に準拠するか、否则処罰されると述べています。

書簡には「2023年10月8日以降、海外に拠点を置く企業を含む、イギリスの消費者に対して暗号資産のマーケティングを行う企業は、金融広告制度に従う必要があります」と記されています。

FCAは、これらの企業がコンプライアンスを確保するために従うことができる「暗号資産のプロモーションを適法に伝えるための4つの方法」を明示しています。

これらの方法には、認可された第三者によるプロモーションの承認または伝達、FCAに登録された事業者によるプロモーションの作成、または国の金融サービス・市場法に基づく免除資格を持つプロモーションの使用が含まれます。

これらのガイドラインに従わない場合、暗号資産企業には2年間の懲役刑、無制限の罰金、またはその両方が科される可能性があります。

「イギリスの消費者に対して違法にプロモーションを行っている者に対して、厳しい措置を取ります」と規制機関は警告しています。

FCAは、違法な金融広告(ウェブサイトやソーシャルメディアアカウントなど)を警告リストに掲載し、削除またはブロックし、執行措置を取るなど、イギリスの消費者に対して違法なプロモーションを行っている企業に対して厳しい措置を取ると追加しました。

さらなるコンプライアンスを促すため、FCAは暗号資産企業に対して、2017年の資金洗浄、テロ資金供与、資金移転規制(MLRs)に基づく登録を通じて自社の提供を広告することを期待しています。

これには必要な書類をFCAに提出し、登録料を支払うという手続きが含まれます。その後、FCAは提出書類を3か月間評価する期間を持ちます。

FCAに登録された企業は42社あります

出版時点で、FCAは要件に準拠している42社の登録済み暗号資産企業のリストを公開しています。

これには、BitstampRevolutMoonPayGalaxy Digital UKなどの人気のある企業が含まれます。

ただし、イギリスで運営している暗号資産企業の総数ははるかに多く、多くの企業がFCAの規制基準を満たすために取り組んでいることを示しています。

FCAは、6月8日に初めて10月の締め切りを発表し、暗号資産への投資リスクを検討するための「クーリングオフ期間」を顧客に提供するマーケティングアプローチを採用するよう暗号資産企業に促しました。

マーケティング体制に準拠するだけでなく、企業はイギリスで暗号資産活動を行うためにFCAに登録する必要もあります。

昨年のいくつかの有名な破綻を受けて、イギリスは規制の取り組みを強化してきた国の一つです。

先月、イギリスは正式に法制化を通じて暗号資産とステーブルコインを規制する法律を採択しました。これはブレグジット後の広範な金融規制改革の一環です。

新法(金融サービス・市場法)によって、規制当局はデジタル資産セクターに特化した枠組みを確立する権限を与えられ、暗号資産の「安全なイギリスでの採用」を支援します。