ドイツ情報機関がNFTコレクションをリリースし、人材を募集する

ドイツの情報機関であるBundesnachrichtendienst(BND)は、ブロックチェーンのトレジャーハントを通じてゲーミフィケーションされたNFTコレクションをリリースし、人材を募集することに成功しました。

今月早々、同機関は「Dogs of BND」というコレクションをリリースしました。これは999個の生成された犬のプロフィール画像(PFP)で、サイバーセキュリティをテーマにしたウェアラブルを身に着けています。NFTは、サイバークエストを完了してコレクションにマイントするために、隠された文字列を見つける必要があります。

ウェブサイトによると、ドイツの市民は、BNDのDogsコレクションを探すために(この場合、ウォレットアドレス、トランザクションハッシュ、ブロックまたはトークン番号)、連邦機関によって隠された一連の文字列を探す必要があります。プレイヤーが正しいデータを見つけると、コレクションにアクセスできます。

NFTのマイントコストは1セント以下(ガス料金は除く)、補助的なマーケットプレイスであるOpenSeaのフロア価格は現在0.045ETH、つまり約82ドルです。コレクションには999個のNFTがありますが、プレイヤーがマイントできるのは987個だけです。トレジャーハントは、987個のトークンがすべてマイントされたときに終了します。

ドイツの仮想通貨ニュースサイトBTC Echoによると、トレジャーハントの目的は、サイバー犯罪を防ぐためにブロックチェーン技術に熟達した若い人材を探すことです。Instagramのフォロワーをターゲットにしており、ソーシャルメディアに熟練し、NFTに興味を持っているユーザーを獲得することを目指しています。

同機関は、採用戦略にNFTを統合していますが、すべての政府機関がトークン化された資産を戦略に取り入れることが適しているわけではありません。2022年4月、英国政府はRoyal Mintを通じてNFTを作成する計画を立てました。しかし、今年3月には、投機と金融リスクへの懸念から、NFTの計画を中止しました。