ジェネシスとジェミニ社、SECのEarnプログラム訴訟の却下を申請−最新情報はこちら

暗号通貨取引所のGeminiと破綻した暗号通貨レンダーのGenesis Global Capitalは、共同ベンチャー商品であるGemini Earnに関連するSECの訴訟を取り下げる請願書を提出しました。

SECの訴訟は、両社が顧客に利回りのある金融商品を提供しているとして、これらの商品が関連当局の登録を必要とせずに販売された証券であると主張しています。

GeminiとGenesisは、自社が提供する取引が事実上貸付に相当すると主張しています。彼らは、苦情を却下するように裁判所に求めたり、SECが資産没収と永久差し止めを要求することを覆すように求めたりしています。

GeminiはSECの訴訟が不適切だと述べています

Geminiは、Earnのユーザーを対象とした投稿で、SECの訴訟を「不適切」と批判し、Earnプログラムの顧客向けの側面についてGenesisではなく自社が責任を持っていることを明確にしました。

SECの訴訟が原因で、Genesisは1月に破産を申請し、2022年11月中旬にはEarnのユーザーの引き出し権利が制限されました。

Geminiは、Earnの約232,000人のユーザーの約11億ドルの資産の回収を求める請求書を提出しました。

GeminiとGenesisの親会社であるDigital Currency Group(DCG)は、仲介者を通じて再編成と和解の合意を確立するために交渉中です。

さらに、Geminiと他の債権者は、「再編成計画の修正版」を共同で作成し、Earnのユーザーに最良の結果を保証するために協力しています。

これは、2月の暫定合意がまだ完全にまとまっていないにもかかわらずです。

Geminiを代表するJFB Legalの創業パートナーであるJack Baughmanは、SECの訴訟を批判し、Earnのユーザーへの補償をより困難にし、Genesisの破産からの資産回収をより困難にしたと主張しました。

貸付契約は証券ではありません

GeminiのEarnプログラムのユーザーは、Genesis Global Capitalとの資金提供パートナーシップにより、暗号通貨の預金に利息を得ることができました。

同社は、これらの契約が二次市場で提供されていないことを強調し、貸付契約が証券ではないという主張を支持しています。

特筆すべきは、SECによる暗号通貨業界の取り締まりからすべてが始まったことであり、今も市場に影響を与え続けています。

GenesisとGeminiに対する執行行為の中で、Binanceに就職しようとしたと報じられているSECのゲーリー・ゲンスラー委員長は、証券法の遵守の必要性を強調し、投資家保護の重要性を強調しました。

しかしながら、Genesisのレンディング部門の破産は、Earnのユーザーへの補償のプロセスをさらに複雑にし、Genesisの親会社が6.3億ドルの支払いを怠っています。

GeminiとGenesisは、SECの主張に対抗するために以前に約束したとおり、訴訟を却下するように申請しました。

Geminiの共同設立者であるタイラー・ウィンクルボス氏は、この訴訟を「人工的な駐車違反切符」と表現し、自分たちが自己防衛する能力を信じています。

裁判所の判決は、却下請求に関する法的手続きと、Earnのユーザーに対する潜在的な結果に大きな影響を与えるでしょう。