「ジェネシスとFTXが1750万ドルの破産請求の取引を行う」

Genesis and FTX execute $17.5 million bankruptcy claim transaction.

FTXのAlameda Researchは、水曜日の法廷提出書類によると、同様に破産した暗号通貨企業Genesisの財産から1億7500万ドルの請求をすることができます。

この取引は、GenesisがFTXに対する類似の請求を放棄することも含んでおり、元々FTXが求めていた約40億ドルから大幅に減額されています。

弁護士たちは、Genesis Global Capitalが1月に破産を申請した後、企業の業務を終了し、顧客に資金を返還するのに役立つと期待しています。GenesisとCoinDeskはどちらもDigital Currency Groupに所属しています。

Genesisの弁護士による裁判所への提出書類によれば、「和解は、他のことと共に、Genesis Debtorsの再編のための承認の道を大幅に平滑にする」と述べられており、長期の訴訟の費用がかからないとしています。

一方、FTXの最高経営責任者であるJohn J. Ray IIIは、平行して提出された裁判所への書類で、この取引は公正であり、請求に関する法的な不確実性を考慮してFTXの最善の利益を代表していると述べています。

暗号通貨の冬には、複数の暗号通貨企業が倒産しており、それらはしばしば複雑な財務的な関係を持っていました。弁護士たちは、現在、並行して破産手続きで解明しようとしています。

FTXのGenesisに対する元々の請求額は、Alameda Researchのヘッジファンド部門が行った融資返済およびGenesisがFTX取引所から引き出した資産を含めて38.8億ドルでした。

一方、Genesis Global CapitalはFTXの最大の無担保債権者であり、裁判所の書類によれば2億2600万ドルの債務があります。

7月に、弁護士たちは原則的な合意に達したことを発表しましたが、詳細は公表されていませんでした。この取引は現在、各企業を管理する裁判官に承認されるために提出されており、9月6日と13日に聴聞会が予定されています。

Parikshit Mishraによる編集。