「規制上の課題により、ジェミニがオランダから撤退」

Gemini withdraws from the Netherlands due to regulatory challenges.

先進的な仮想通貨取引所Geminiは、オランダでの事業を停止することを決定しました。これは、オランダ中央銀行(DNB)が課した厳しい規制上の障壁によるものです。この動きは、同様の規制制約により、別のデジタル資産取引プラットフォームであるBinanceが今年初めに市場から撤退したことに続くものです。

9月26日にオランダのユーザー宛てにメールで送られた声明で、Geminiは2023年11月17日をもってオランダでのサービスを一時停止する意向を伝えました。

規制圧力によりGeminiがオランダを退場

Geminiはメールで、オランダの仮想通貨取引所に対する国の中央銀行であるDNBが課した厳しい要件が影響したと説明しました。

しかし、同社は新しい欧州の仮想通貨に関する法律である「マーケットにおける仮想通貨資産規制(MiCA)」に準拠し、適切な当局から完全な規制承認を得た場合、オランダ市場に復帰する予定です。

「Geminiは引き続き世界の規制当局と協力し、マーケットにおける仮想通貨資産の新しいEU規制に完全に準拠するためのビジネスの準備に注力しており、将来的にオランダに拠点を置くお客様に仮想通貨資産サービスを提供できるようになることを期待しています。」

Geminiのユーザーは11月17日までにプラットフォームから退場する必要があります

ニューヨークを拠点とする取引所は、ユーザーに対して、11月17日に完全に業務を停止するため、プラットフォーム上の資産の引き出しを開始するよう要請しています。

「Geminiの口座を空にし、2023年11月17日までに残高がないことを確認していただくようお願い申し上げます。これまでのご支援に感謝し、私たちの方向をご理解いただけることを願っています。」と同社は書いています。

資金の安全な移動を可能にするため、同社はユーザーが資産をオランダの取引所Bitvavoに移動することを提案しています。Bitvavoはオランダ中央銀行によって正式に登録された仮想通貨取引所です。

ただし、ユーザーはBitvavoに限定されるわけではありません。同取引所はオランダの顧客に対して、好みのプラットフォームやウォレットを選択するよう奨励しています。

オランダの仮想通貨規制の現状

オランダは、仮想通貨企業が第5次マネーロンダリング防止指令(5AMLD)に従うことを義務付けることで、欧州連合(EU)加盟国の中で先導的な役割を果たしました。これらの規制により、仮想資産サービスプロバイダー(VASPs)は自身や顧客に関する識別情報を提供する必要がありました。

2020年11月、同国はVASPが取引を完了する前に追加の情報を収集することを要求しました。これには、実益所有権の確認やBitcoinウォレットの所有権の証明などが含まれます。

しかし、2021年5月にこの要件は撤回されました。DNBは、マネーロンダリング防止(AML)コンプライアンスにおいてよりリスクベースのアプローチを採用する必要性を認識したと報じられています。

オランダの仮想通貨に関する規制環境は、Binanceが7月にサービスを撤退した際に特に厳格になりました。Binanceの撤退は、同社がオランダのDNBからVASPライセンスを取得できなかったためであり、それは国内で確立されたAMLプロトコルへのコンプライアンスを証明するものです。

今年の1月には、DNBはCoinbaseに対して適切な承認なしに国内での運営に対して罰金を科しました。同社は後に承認を取得し、地域のお客様に対して合法的にサービスを提供するためにライセンスを取得しました。

これまでに、Crypto.com、BitPay、eToroなどの他の仮想通貨取引所が国内で営業許可を受けています。