「GBTCのディスカウントが狭まっている理由」

GBTCディスカウントの理由

Grayscale Bitcoin Trust(GBTC)は、暗号通貨投資において巨大な存在であり、時価総額は約140億ドルです。このファンドは、数年以上にわたり、保持しているビットコインの価値に対してますます広がるディスカウントで取引されていましたが、最近の数週間で大きく変わり、投資家に報酬をもたらしています。

「ディスカウントが縮まると、投資家が信託に対してより自信を持っていることや、株式への需要が増えていることを示しています。ディスカウントが大幅に縮小したり完全になくなったりすると、投資家には大きなリターンがもたらされる可能性があります」と、CoinDeskのインタビューでデジタルアセット製品戦略担当のマーティン・ラインウェーバー氏が述べています。

なぜ最初からディスカウントが存在し、それが重要であり、なぜ縮小しているのでしょうか?

これらの質問に答えるためには、信託の構造が非常に重要です。GBTCはクローズドエンドファンド(CEF)であり、最近人気が急上昇している上場投資信託(ETF)とは異なる製品です。両者とも、株式やGrayscale信託のような数十億ドル相当のビットコイン(BTC)などの資産を保持するための貯蔵庫として機能します。

しかし、ETFには特定の取引会社である認定参加者が存在し、彼らが保持する資産の価値と価格を密接に一致させる仕組みがあります。たとえば、ETFが株式10億ドル相当を保有しているが、時価総額が12億ドルになっている場合、これらのトレーダーは新しいETFの株式を作成することができます。これによって、プレミアムによる利益を得ることができ、またETFの価格をETFの保有資産の価値に近づけることができます。彼らはETFをより効率的にすることで報酬を得るのです。

逆に、ETFの価格がディスカウントになる場合、つまり時価総額が資産の10億ドルに対して80億ドルに落ち込んだ場合、これらのトレーダーは株式を償還することができ、不一致から利益を得ることができます。これによって、価格と資産が再び一致するようになります。

GrayscaleはGBTCをETFに変換したいと考えていますが、米国証券取引委員会(SEC)はこれを拒否しました。Grayscaleはこの決定を覆すために訴訟を起こしました。一方、CEFとして、価格が乱れないためのETFが利用する裁定取引の仕組みを持っていません。

GBTCは2021年2月以来、ビットコイン保有資産に対してディスカウントで取引されています。昨年のFTXの崩壊後、この状況は劇的に悪化しました。11月、Genesisの貸付部門は顧客の引き出しを停止し、GBTCのディスカウント率は43%に増加しました。GenesisとGrayscaleの両方は、Digital Currency Group(CoinDeskも所有する)によって所有されています。Genesisの問題がGBTCにどのように影響を与えたのかは明確ではありませんが、多くの取引会社がGenesisの顧客であり、彼らの中にはディスカウント率の縮小を賭けていた人もいたかもしれません。彼らの資金へのアクセスを失うことで、これらの取引戦略は阻まれる可能性があります。

SECがGrayscaleの信託をETFに変換する申請を拒否した理由を再確認した後、GBTCのディスカウントは2021年12月に過去最高の50%に深まりました。

では、最近の数週間でなぜディスカウントが大幅に縮小し、25%程度になり、2022年初旬以来の最小ディスカウントになったのでしょうか?

この瞬間において、仮想通貨での最も注目されている質問の一つは、米国の規制当局がビットコインを保有するETFの創設を最終的に許可するかどうかです(現在の状況では、規制当局が許可しているのはビットコイン先物契約を保有するETFに限られています)。伝統的な金融大手であるBlackRockが最近、自社のETFを作成するために巨大な力を投じ、申請を行いました。世界最大の資産運用会社としてワシントンD.C.での影響力を持つ同社の取り組みは、現物ビットコインETFが遠くない未来に実現する可能性につながる大きな期待を生み出しました。また、Fidelityなどの大手投資信託会社もビットコインETFの申請を行っています。

詳細はこちら: 米国現物ビットコインETFの承認期限が見えてきた

アナリストによれば、SECがGBTCをETFに変換する承認を行う可能性は、ディスカウントの縮小に影響を与えているとされています。Grayscaleは4月に、GBTCをETFに変換する許可を第3四半期の終わりまでに得ることを期待していると発表しました。

ラインベワー氏は「GBTCディスカウントの現在の縮小のカタリストは、GBTCがETFに変換される可能性に関する現在の法的議論です。市場はこれらの議論とGBTCの潜在的な法的勝利への期待に反応しており、株式への需要が増加している可能性があります。純資産価値(NAV)に対するディスカウントは、ETFに変換される暗黙の確率と考えることができます。ディスカウント率が低ければ低いほど、市場が価格に反映する確率が高くなります」と述べています。

グレイスケール(Grayscale)がSECに対して提起した訴訟について、ブルームバーグ・インテリジェンスのETFアナリストであるジェームス・セイファート(James Seyffart)は、この決定がグレイスケールにとって好意的な結果となる可能性があると述べました。「しかし、これによりGBTCのETFへの変換要求がSECに戻され、GBTCの変換を承認するか、異なる理由で拒否されるかを決定することになります。この変換の希望がディスカウントを下げる要因となっているでしょう。」

セイファートはさらに、「SECがこれらの製品を承認するまでにどれくらいの時間がかかるかはわかりません。これらの申請のうちのいくつかで実現する可能性もあります(現時点ではグレイスケールの承認確率は50%だと考えていますが、もし再び却下された場合は数年かかる可能性もあります)。また、承認が得られた後、グレイスケールがGBTCをETFに変換するまでにはどれくらいの時間がかかるかもわかりません。」

GBTCがETFに変換された場合、何が起こるのでしょうか?

最近、アメリカで大手機関からビットコインスポットETFの承認を申請する動きが相次いでおり、これによりグレイスケールがGBTCをETFに変換する可能性に対する期待が高まっているとセイファートは述べました。

彼は、GBTCがETFに変換されるのは時間の問題だと述べています。「ETFに変換された場合、GBTCはETFの構造の効率により、もはや意味のある割引やプレミアムで取引されなくなるでしょう」とセイファートは述べています。

ニック・ベイカー(Nick Baker)とスティーブン・アルファー(Stephen Alpher)による編集。