FTXはAnthropicへの5億ドルの株式売却を一時停止

破産した暗号通貨取引所FTXは、人工知能(AI)スタートアップのAnthropicの株式売却を一時停止しました。Bloombergによれば、同社は売却額5億ドル相当の最も求められている資産の売却を中止しており、複数の関係者がこの取引に興味を持っていると報じられています。報告によると、FTXの破産を担当する投資銀行であるParella Weinberg Partnersは、Anthropicの株式に興味を持っている入札者にこの更新情報を提供しました。

このAI企業は、人工知能産業の現在のブームの中で非常に人気のある企業になっています。2021年に元OpenAIの従業員によって設立されて以来、非上場のAnthropicは注目を集めており、最近では4億5000万ドルの資金調達ラウンドを終えました。同社は、AIボット「Claude」の開発を支援するために資金を調達したと5月に発表しました。シリーズCの資金調達ラウンドを主導したのはSpark Capitalで、参加者にはSound Ventures、Zoom Ventures、Google、Salesforce Venturesなどが含まれています。

FTXがAnthropicの株式売却を一時停止

FTXは、潜在的な入札者による数ヶ月にわたる尽力の後、Anthropicの株式売却を一時停止しました。関係者によれば、異なる潜在的な買い手が株式に関する詳細情報を評価していました。Anthropicのような非上場企業の株式を購入する機会を探している買い手たちは、FTXの売却を待っていました。Semaforの6月の報告では、このAIスタートアップの価値は46億ドルです。

内部文書によれば、FTXとAlamedaはAnthropicに5億ドルを投資しました。この発覚に続いて、Parella WeinbergはAIスタートアップの株式を「数億ドル相当」で売却するための取り組みを開始しました。Anthropicの株式は、FTXがGenesis Digitalに15億ドルを投資したのに次ぐ、同社の最大の投資の一つを表していました。

さらに、関係者によれば、Anthropicの株式に興味を持った買い手は、FTXが売却を一時停止する発表の前に非開示契約に署名していました。最新の更新前では、FTXがAI企業の全株式を売却しているかどうかは不確定でした。また、この取引からの収益は元の顧客への支払いに充てられる予定でした。最近の報告によれば、FTXは不正行為の補填のために約20億ドルを必要としていました。同取引所の新CEOであるジョン・レイは、約70億ドルが主張された87億ドル相当のユーザー資金が回収されたと述べ、その報告が同社の再構築における透明性の努力を示していると述べました。また、同社は顧客の預金によって資金提供された可能性のある政治的な寄付とVC投資も引用しています。