FTXは、Sam Bankman Friedの関連ファンドから7億ドルを回収することを目指しています

仮想通貨取引所FTXは、元ヒラリー・クリントンの補佐官である元従業員と、同氏の投資会社K5グローバルに対して、7億ドルを回収するために訴訟を起こしました。

同社は、創業者のサム・バンクマン・フリードが2022年にK5エンティティに移転した7億ドルを返還するよう、デラウェア州ウィルミントンの破産裁判所に提訴しました。

訴訟は、K5グローバル、Mount Olympus Capital、SGN Albany Capital、関連するエンティティ、そしてK5グローバルの共同所有者であるマイケル・カイブスとブライアン・バウムを被告として名指ししています。

同訴訟は、バンクマン・フリードがKivesが主催する社交イベントに参加した後、数百万ドルをKives、K5グローバル、およびBaumに送金した「浪費的なパトロン」であったと主張しています。

「Kivesの高名な‘スーパーネットワーカー’としての評判に忠実に、夕食会の出席者には、元大統領候補、トップの俳優やミュージシャン、リアリティTVのスター、そして複数の億万長者が含まれていた」と訴訟は述べています。

申し立てによると、バンクマン・フリードはKivesを「おそらく私が出会った中で最もつながりのある人物であり、政治的な関係やセレブリティとのパートナーシップのためのワンストップショップ」と評価しました。

訴訟は、FTXと関連する仮想通貨取引会社Alameda ResearchがSGN AlbanyとMount Olympus Capitalのシェル会社から送金したと主張しています。

訴訟は、バンクマン・フリードが支配するシェル会社が、818 Tequilaブランドの少数株を買うためにFTXから2億1,400万ドルの資金を使用したと述べています。当時、同社の資産は米国証券取引委員会の書類によるとわずか2,940万ドルでした。

FTXは、SGN Albany Capitalに送金されたAlameda Researchからの資金と、Kives、Baum、SGN Albany CapitalからMount Olympus Capitalに送金された資金の返還を求めています。

訴訟は、これらの送金が「等価な価値を受け取らず」実施されたと主張し、破産法または他の法律に基づき、逆転可能であることを示唆しています。

さらに、クリプト取引所が崩壊した後、「KivesとBaumはバンクマン・フリードと共に、FTXグループを救済し(そして自分たちのゴールデン・グースを守るために)誰かを見つける戦略を密かに練りました」と訴訟は主張しています。

破産手続きが続く中、FTXのコストが増加

FTXはできるだけ多くの資金を回収するために苦闘していますが、破産した仮想通貨取引所は法的およびアドバイザリーのコストが増加しています。

同取引所の破産アドバイザーが提出した書類によると、同社は2月1日から4月30日までに、アドバイザーに1億2,180万ドルの請求を請求されました。

FTXの銀行家たちは、ユーザーのために資金を調達するために、AIスタートアップAnthropicの持分を売却しようとしています。

FTXの破産手続きを監督する専門銀行であるPerella Weinbergは、興味を持つ当事者とAnthropicの持分の潜在的な売却について話し合っていると報じられています。

FTXは、昨年破産申請を行った際に、Anthropicの株式を5億ドル以上所有していたとされています。しかし、最近のAIブームとAI技術の需要の上昇により、Anthropicは大きな成長を遂げています。

したがって、この持分の売却は、元FTXの顧客に分配される9桁の金額をもたらすことが期待されています。