「FTXのリーダーシップは、元役員から10億ドル以上の現金と株式の返還を求めています」

FTX leadership seeks over $1 billion in cash and stock refunds from former executives.

破産した暗号通貨取引所FTXの財産管理者は、創業者のサム・バンクマン・フリードと他の幹部が不正に自分たちに移転した現金と株式を10億ドル以上回収しようとしています。

この新しい訴訟は、被告が2020年2月から2022年11月までの間、FTXグループの事業とシステムを密な統制下に置き、贅沢な住宅、政治的および「慈善」への寄付、およびさまざまな投資にFTXの資産を浪費したと主張しています。

続きを読む: アラメダがセレブや政治家へのアクセスのために支払った7億ドルを返還を求める

提出書類によると、FTXはバンクマン・フリード、元CTO兼共同創業者のゲイリー・ワン、エンジニアリング部門のディレクターであるニシャド・シン、および元アラメダリサーチのCEOであるキャロライン・エリソンに対して7億2,500万ドル以上相当の株式を発行したとされています。このうち4億4,780万ドルはシンに渡され、訴訟書類ではそれがシン、取引部門のアラメダ、およびFTXの間で融資として記録された方法が記載されています。

「実際には、誰も株式の代金を支払わず、誰も支払うつもりはなかった」と訴訟書は述べています。

訴訟はまた、FTXが不動産を購入するためにグループに486万ドルを移転し、バンクマン・フリードの父であるアレン・「ジョー」・バンクマンが法的費用に使用するためにアラメダから1,000万ドルを受け取ったと主張しています。

また、サムの兄であるガブリエル・バンクマン・フリードは、FTX財団の資金でオーストラリア北東部の小さな島であるナウル共和国を購入する計画を立て、FTXの顧客の資金と混ざった資金から両政党と政治行動委員会に1億ドル以上の政治献金が行われたと述べています。

ニューヨーク南部地区の米国連邦検察局との司法取引を持つキャロライン・エリソンは、FTXの危機の最中に自身に2,250万ドルのボーナスを授与したとされています。

最近、米国司法省は、バンクマン・フリードがエリソンの私的日記をニューヨーク・タイムズにリークした後、彼が事件に関する非公開の発言を行わないようにするよう裁判所に要請しました。

続きを読む: SBFが米国司法省によるキャロライン・エリソンの私的日記のリークを指示される

編集:サンダリ・ハンダガマ。