「FTXは香港の関連会社の元従業員に対して訴訟を提起する」

FTX files lawsuit against former employees of its Hong Kong subsidiary.

仮想通貨取引所FTXは、香港に登記された企業Salamedaの元従業員に対して、2022年9月21日に訴訟を提起しました。Salamedaは以前FTXグループに関連していたとされています。

訴状によると、FTXは破産申請の直前に詐欺的に引き出された1億5730万ドルの回復を求めています。

訴状によれば、Michael Burgess、Matthew Burgess、そして彼らの母親であるLesley Burgess、Kevin Nguyen、Darren Wong、および他の2つの企業は、FTX.comおよびFTX USに登録されたアカウントを保有し、FTXの破産申請前の「優先期間」に資金を引き出したとされています。

訴状は次のように述べています:

「これらのマイケル・バージェスへの転送は、FTX USの現在および将来の債権者を妨害、遅延、または詐欺する意図で行われたものです。」

また、これらの転送は2022年11月8日にFTXが非法定通貨のユーザー引き出しを停止する数時間前に完了したと強調されています。

訴状は、Mathew BurgessがSlackのメッセージを証拠として、FTXの従業員に対して「マイケル・バージェスのFTX US取引所のアカウントからの特定の引き出し要求を押し出す」よう圧力をかけ、そのアカウントを自分自身のものであると偽ったと主張しています。

関連記事:BinanceとCEOのChangpeng Zhao、SECの訴訟を却下するよう裁判所に申し立て

この発展は、元FTXのCEOであるSam Bankman-Fried(SBF)が刑務所に収監され、2023年10月3日に始まる2部構成の裁判を待っている間に起こりました。第2部の裁判は2024年3月に予定されています。

2022年9月21日、判事たちはSBFの早期釈放を認めることを拒否しました。彼は刑務所からの適切な裁判の準備ができないと主張し、それがアメリカ合衆国憲法の第一修正条項に違反すると述べました。

同日、ルイス・カプラン判事は、SBFの主要な証人の証言を禁止するという連邦司法省の提案を認めました。

記事:変動する市場であなたの仮想通貨を保護する方法:ビットコインの専門家たちの意見