「FTXは、新しいリーダーシップのもとで新しいオフショア取引所の再起動計画を発表」

FTX announces reboot plan for new offshore exchange under new leadership.

出典:GettyImages

新CEOのジョン・J・レイ3世のもと、破産した仮想通貨取引所FTX Trading Ltd.は7月31日、崩壊した仮想通貨取引所を「再起動」するための草案を提出しました。

この提案は、FTX.comの請求者に新たに設立されたオフショア会社の株式、トークン、またはその他の利益を保有する選択肢を提供しました。

提出された文書には、広範で複雑なクレームの解決を目指す会社の意図した戦略を詳細に記載した再編成計画の草案が示されています。そのため、クレームは特定のグループに分類されます。

FTX.comのオフショア取引所の利用者は「ドットコム顧客」と呼ばれ、FTX USの利用者は「米国顧客」として認識されます。

クレームは、その他の優先クレーム、担保クレーム、独立子会社クレーム、一般無担保クレーム、ドットコム便宜クレーム、米国便宜クレーム、一般便宜クレーム、企業間クレーム、企業間利益、下位クレーム、FTTクレーム、優先株式利益、セクション510(b)クレーム、その他の株式利益、およびドットコム顧客権利クレーム、米国顧客権利クレーム、NFT顧客権利クレームからなる13の異なるクラスに分類されます。

出典:FTX - Chapter 11 Plan of Reorganization 4893-6502-2833 v.7

提案された計画では、3つの主要な回収プール、つまりドットコム顧客プール、米国顧客プール、および全てのFTX.comとFTX USに関連する資産を含む一般プールの設立が概説されています。

ドットコム顧客プールは、FTX.comオフショア取引所の請求者から成り立ち、米国顧客プールは米国取引所の顧客から成り立ちます。一般クレームにはAlamedaの貸し手や取引パートナーからのものが含まれ、下位クレームには税金や制裁金などが含まれます。

これらのクレームの優先順位は、「ウォーターフォール優先順位」に基づいて決定されます。各クラスは、前のクラスが解決された後、残りのプールからの割合配当を受け取ります。

具体的な支払いの順序は、利害関係者との交渉によって決定されます。

FTXが再起動を検討:草案がFTT保有者についての疑問を投げかけ、非顧客のクレームに対処

ドットコム顧客プールについては、新たな会社が設立され、第三者の投資家と共同で「再起動」オフショアプラットフォームを運営することが提案されていますが、米国投資家は除外されます。

文書には、「現金の代わりに、債務者はオフショア取引所会社がドットコム顧客プールに対して株式、トークン、またはその他の利益、またはこれらの株式、トークン、またはその他の利益に投資する権利として非現金の対価を提供することを決定する場合があります」と記載されています。

各ドットコム顧客は、FTX.comの資産からの収益の一部を、経費とドットコム顧客便宜クラスの差し引き後に受け取ります。

プランによると、各ドットコム顧客エンタイトルメントの保有者は、FTX.com取引所に関連する資産のプールからの配当金の割合分を、ドットコム顧客便宜クラスと経費の支払いを差し引いた後に受け取ります。

ただし、SECがFTXの共同創設者であるゲイリー・ワンと元Alameda ResearchのCEOであるキャロライン・エリソンに対して12月に提起したクレームによれば、提案された再編成計画にはFTT保有者の許容が含まれていないことに注意が必要です。また、規制当局からの罰金や税金などの非顧客のクレームは優先度が低くなります。

出典:FTX - Chapter 11 Plan of Reorganization 4893-6502-2833 v.7

この草案は、コンサルティングパーティーや他の利害関係者からのフィードバックに基づいて修正される可能性があります。これは、崩壊した仮想通貨取引所に関連する複雑な問題を解決するためのユニークなアプローチを提供しています。