FTX破産弁護士、FTXヨーロッパリーダーシップからの323億ドルの回収を裁判所に要求

FTX破産弁護士は、FTXヨーロッパリーダーシップからの323億ドルの回収を裁判所に要求しています

仮想通貨取引所FTXの弁護士は、デラウェア州の米国破産裁判所に対して、FTXのヨーロッパのリーダーシップから3億2,350万ドル以上の回収を要求するよう求めました。水曜日に行われた裁判所の提出書類によると、FTX Trading Ltd.とMaclaurin Investments Ltd.(破綻したFTX帝国のヘッジファンド部門であるAlameda Researchの所有)の代理人弁護士は、FTX EuropeのリーダーシップであるPatrick Gruhn、Robin Matzke、Brandon Williams、およびLorem Ipsum UGに移された資金の返還を裁判所に命じるよう求めました。

Sam Bankman-FriedとFTXグループは、スイス企業DAAGの買収に対して約3億2,350万ドルを支払いました。その後、DAAGはFTX Europeとして知られるようになりました。弁護士たちは、その会社が「事業計画」以外には限定的な事業や知的財産を持っていないと主張しました。

「FTXの内部関係者は、DAAGの買収を追求したのは、DAAGの創業者がFTXが欧州経済圏での活動に必要なライセンスを取得するための欧州規制当局へのアクセスを提供できると信じていたためであり、また、Bankman-Friedと既存の関係を持っていたWilliamsとMatzkeが利益を得たかったためである…」と提出書類には記されています。

弁護士たちは、FTX EuropeのリーダーシップがK-DNAの買収に関連して過剰なエアンアウト支払いを受け取ったと主張しています。K-DNAはすでに欧州経済圏で運営ライセンスを取得していた事業体であり、後にFTX Europeに組み込まれましたが、その買収価格はわずか2百万ユーロでした。

弁護士たちはまた、FTX Europeのリーダーシップにまだ支払われるべき残高の支払いを停止するよう裁判所に求めました。取引額は3億7,600万ドル以上であり、そのうち5,250万ドルがまだ残っている義務であると提出書類には記されています。

弁護士たちは、FTX Europeは資産としての価値がなく、売却することができないと主張しました。4月に、スイスの裁判所はFTXにFTX Europeの売却を検討する許可を与えました。3月には、FTX Europeは顧客が凍結された資金を引き出すプロセスを開始しました。

詳細はこちら:スーパーネットワーカーへの支払いとして7億ドルを返還するようアラメダが要求、セレブや政治家とのアクセスに関与

編集:サム・レイノルズ