「FTXエクスプロイター、イーサリアム先物ETFの発売に先駆けて5,000ETHを移転」

FTXエクスプロイターは、イーサリアム先物ETFの発売に先駆けて5,000ETHを移転しました

FTXハッカーに関連するウォレットアドレスから、約8,200万ドル相当の5,000ETHが移動されました。この出来事は、約1年前の攻撃以来、はじめて資産がハッカーのウォレットから転送されたことを意味しています。

FTXハッカーが5,000ETHを移動、Spot On Chainが明らかに

FTX取引所は、2022年11月のハッキングで廃業し、総額6億ドル以上の損失を被りました。破産申請後数時間でのハッキングです。

オンチェーンの分析プラットフォームSpot On Chainによると、FTXの攻撃者は現在、2つのトランザクションで5,000ETHを移動し、2つの別々のウォレットに2時間の間隔をおいて2,500ETHずつ移動しました。

🚨🚨 FTXの攻撃者である0x3e957が新しいアドレスに2,500ETH(4,200万ドル)を移動しました

これは、10か月前のハッキング以来、このアドレスが活動しているのは初めてです。このアドレスにはまだ12,500ETHが保持されています

次のアクションは、以下のプラットフォームでフォローしてください

https://t.co/7LnmryLvhL pic.twitter.com/yl2NnMwaqW

— Spot On Chain (@spotonchain) 2023年9月30日

Spot on Chainはさらに、最初のトランザクションの後、ハッカーが700ETHをThorchain Routerを介して移動し、1,200ETHをプライバシーに焦点を当てた暗号プロジェクトであるRailgunのDeFiウォレットを介して移動したことを明らかにしました。

これらの移動された資産の出所に加えて、FTXの攻撃者の動向は、仮想通貨市場で重要な展開として注目されており、多くの愛好家やアナリストが潜在的な売り圧力について推測しています。

FTXのハッカーはEther先物ETFの発売が迫る中、売り払いを計画している可能性があるのか?

今週、米国証券取引委員会(SEC)が、政府機関の閉鎖が迫る前にいくつかのEther先物ETHを承認し、来週に発売する意向であるという報告が広まりました。

これらの報告は、VanEck投資会社が近くEther先物ETFであるVanEck Ethereum Strategy ETFを発売する予定であると発表した後、わずか1日でより大きな盛り上がりを見せました。

ただし、SECの承認を受ける最有力候補とされていたValkyrie Investmentsがついにレースに勝利し、米国で初めてのEther先物ETFの発売に緑信号を得ました。

Ether先物ETFの公式発売後、ETH価格の動きには大きなプラスの影響があるでしょう。この投資ファンドに関する最近の良いニュースに基づいて、過去2日間で2番目に大きな仮想通貨はCoinMarketCapのデータによれば既に4%上昇しました。

さて、FTXのハッカーによる最近のトークンの移動は、通常売り行動と関連付けられています。したがって、この悪質な行為者がETH先物ETFの発売から生じるETH価格の上昇から利益を得るために利益確定を計画している可能性があります。

このような売却行為は、仮想通貨の大口取引者によってよく行われ、小規模なトレーダーにとっては危険な下降トレンドを引き起こすことが知られています。

執筆時点では、ETHは1,677ドルで取引され、前日比で5.77%の上昇を記録しています。一方、トークンの日間取引高は44.35%減少し、38億ドルと評価されています。

ETHUSDTチャートの時価1,675.57ドル | 出典: Tradingview.comのETHUSDTチャート