「フランスのプライバシー監視機関がWorldcoinのデータ収集に疑問を呈する」

French privacy watchdog questions Worldcoin's data collection.

  • フランスのプライバシー監視機関が、Worldcoinの生体情報の収集に疑問を投げかけていると報じられています。
  • OpenAIのCEOであるサム・アルトマンが作成したWorldcoinは、月曜日にローンチしました。
  • ユーザーは、ワールドIDと暗号トークンWLDを入手するために、自分の虹彩をスキャンする必要があります。

最新の暗号ニュースによると、フランスのプライバシー監視機関が、最近ローンチされたWorldcoin(WLD)に関する法的問題を検討していると報じられています。特に、生体情報の収集についての問題を指摘しているとのことです。

7月28日のロイターの報道によれば、フランスの情報技術と自由委員会(CNIL)は、ユーザーがオーブを使用して虹彩をスキャンする必要があるというWorldcoinの要件について疑問を持っていることを示しています。

CNILは、Worldcoinがフランスのユーザーからデータを収集した後、調査を開始したと述べています。

Worldcoinは、「人間であることの証明」にサインアップした人々に、デジタルIDと無料の仮想通貨(規制が許可する国で)へのアクセスを提供しています。OpenAIのCEOであるサム・アルトマンが立ち上げたプロジェクトは、月曜日のローンチ以来、サインアップ数が増加していることがデータで示されています。

プロジェクトは、一意の人物がワールドIDのために自分の眼球をスキャンしていると述べています。その頻度は7.6秒ごとです。

Worldcoinのローンチ以来、人間であることの証明の需要が急増しています。平均して、一意の人物がワールドIDを検証している頻度は、現在7.6秒ごとであり、毎日新たな記録が作られています。

世界中の需要によりより良い対応をするために、プロジェクトに対するご理解とご協力をいただきありがとうございます。 pic.twitter.com/gPmr0oQWCR

— Worldcoin (@worldcoin) July 28, 2023

フランスの行動は、数日前にはイギリスの情報コミッショナーの事務所もWorldcoinについて調査していると発表したことに続きます。