フランスの金融市場の裁定人は、暗号通貨に関連する調停件数の急増を報告しています

進歩には欠点があることを、仏証券市場規制当局である非政府機関のAutorité des marchés financiers(AMF)が認識しています。AMFオンブズマンによると、デジタルアセット関連の調停が急増し、登録されたデジタルアセットサービスプロバイダー(DASP)の数も2022年に増加したとのことです。

AMFオンブズマンが初めてデジタルアセットに専用のセクションを含めた2022年の年次報告書によると、オンブズマンが受け取った総件数は2021年の1,964件から2022年の1,900件に減少しましたが、デジタルアセットに関連する調停要求は44件から54件に増加し、受理可能な件数は6件から17件に増加しました。同時に、登録されたDASPの数は28から59に増加しました。

関連:フランスの規制当局AMF、1年間で2つの暗号通貨ウェブサイトをブラックリスト入り

AMFオンブズマンは、DASPがAMFに登録されている場合またはイニシャルコインオファリングなどの場合には、AMFが任意の承認を提供した場合にのみ調停を行うことができます。AMFの登録は、第三者の保管を提供するため、法定通貨でデジタルアセットを購入または販売するため、他のデジタルアセットとの取引を行うため、またはフランスでデジタルアセット取引プラットフォームを運営するために必要です。

AMFのライセンスは、「業務の通常コースで1つまたは複数のデジタルアセットサービスを提供する」ために必要です。現在、ライセンスされたDASPはありません。

「2022年に、AMFオンブズマンが調停を要請された暗号資産に関する紛争の件数は、2021年と比較して3倍に増加した。」https://t.co/Z1u9DPwUe3 pic.twitter.com/UD2vVFYWBB

— Joshua Rosenberg (@_jrosenberg) June 14, 2023

オンブズマンの報告書によると、DASPの登録要件は7月に強化され、来年、欧州連合の仮想通貨市場法(MiCA)によって置き換えられる予定です。

AMFオンブズマンは、「詐欺」には介入しないことを注意深く指摘しました。詐欺は、暗号通貨に適用される規制またはデリバティブの場合、金融商品取引法規制(MiFID II)が適用される可能性があります。オンブズマンが取り扱った一般的な問題は、ステーキングの定義に関する誤解であったと報告されています。

雑誌:セネガルのビットコイン:なぜこのアフリカの国はBTCを使用しているのか?