「フランクリン・テンプルトンがスポットビットコインETFの競争に参加」

Franklin Templeton joins competition for Spot Bitcoin ETF

アセットマネジメント会社のFranklin Templetonが、スポットBitcoin ETFを提供することを目指す企業の競争に参入しました。これは、9月12日に証券取引委員会(SEC)に提出された申請書によって明らかにされました。

申請書によれば、CoinbaseがETFの基盤となる実際のBitcoin資産を安全に保持・管理します。同社はまた、Bitcoin ETFがCboe BZX Exchange, Inc.に上場および取引されることも確認しており、投資家は自由にETFを購入および売却することができます。

上場投資信託(ETF)は、基礎となる資産の価格を追跡する金融商品です。この場合、Bitcoin ETFはBitcoinに裏付けられるため、Bitcoinの価格変動を反映します。これにより、個人は仮想通貨の直接的な所有権なしにBitcoinの価格変動に露出することができます。

投資家がBitcoin ETFを購入すると、Bitcoinを基礎資産とするファンドの株式を取得します。提案されているスポットBitcoin ETFの主な利点の一つは、投資家が公開取引される証券と同様にETFを取得できるため、投資先の多様化の選択肢があることです。この動きは、広範な金融エコシステム内での仮想通貨の採用と認識の向上に寄与する可能性があります。

多くの伝統的な金融機関がBitcoin ETFの立ち上げ競争に参入しています。これには、BlackRock、Wisdom Tree、Fidelity、Invesco、Vaneckなど、金融業界の重要なプレーヤーが含まれています。Franklin Templetonはすでに相互ファンドやETFなどの構造化投資商品を提供しており、Bitcoin ETFの領域への参入申請は驚きではありません。

スポットBitcoin ETFの競争におけるSECの仮想通貨規制

当初、SECはすべてのスポットBitcoin ETFの申請を拒否し、企業が投資家資金を市場操作から保護する能力について懸念を表明しました。Grayscaleに続いて、BlackRockも6月にこの資産を提供するために申請し、それ以降、他の企業も競争に参加しました。

伝統的な金融機関がBitcoin ETFを提供することへの関心の増加を考慮すると、SECは要件を満たす企業に許可する以外の選択肢を持たない可能性があります。多くのアナリストは、そのような許可が2024年初頭に企業に与えられる可能性があると予測しています。

この資産の発行許可を成功させることは、SECが仮想通貨の利用者や事業者向けにより具体的な規制枠組みを確立する契機となるかもしれません。アメリカでは、現在、多くの仮想通貨関連事業が明確な規制基準なしに運営しています。アメリカのCEOの辞任や国内のレイオフなどの最近の動向は、包括的な規制枠組みの必要性を示しています。Coinbaseも、仮想通貨サービスや企業に対するこのような枠組みの必要性について認識を高める取り組みを始めています。

多くの専門家は、スポットBitcoin ETFの承認が広範な仮想通貨の採用に対するよりポジティブな感情を育む可能性があると考えています。