Foundation DevicesがスタンドアロンのEnvoy Bitcoinモバイルウォレットアプリを発表

Foundation Devicesは、ビットコイン中心のツールのリーダーであり、アカウント管理とプライバシーの機能が強化されたスタンドアロンのビットコインモバイルウォレットとしてEnvoyモバイルアプリのローンチを発表しました。

Bitcoin Magazineに送信されたプレスリリースによると、このアップデートはFoundationがデジタル主権をよりアクセスしやすくし、ビットコインの自己保管の障壁を下げるためのミッションの一環です。新しいEnvoyアプリは、「Envoy Magic Backups」と呼ばれるモバイルウォレットの簡素化されたセットアップとバックアッププロセスを導入しています。プレスリリースでは、ユーザーがシードワードなしでわずか60秒でウォレットを利用し、数回のタップでウォレットを簡単に復元できる方法が説明されています。

Foundationの共同創設者兼CEOであるZach Herbert氏は、このアップデートについて「このアップデートにより、世界中のスマートフォンユーザーに私たちの最高水準のデザイン、直感的で取り組みやすいユーザーエクスペリエンス、そして安心感を提供することを、私たちは非常に興奮しています。パスポートは必要ありません。」と述べ、その興奮を表現しました。

Envoyアプリの導入に加えて、FoundationはPassportハードウェアウォレットの価格を$199に引き下げることを発表しました。過去90日以内に注文した顧客は、Foundationストアで50ドルのギフトカードを請求することができます。

これに加えて、FoundationはPassportハードウェアウォレットの大規模なアップデートをリリースし、子シードやNostrキーなどの強力な新しいツールを可能にするKey Manager拡張機能を導入しました。

Herbert氏は、Foundationのアクセシビリティへの取り組みを強調し、「Foundationは、ビットコインや分散型技術を誰にでもアクセスしやすくすることに取り組んでいます。これらのアップデートは、個人がデジタル主権を取り戻すための私たちのミッションにおける重要な進歩を示しています。」と述べました。