フォーチュン誌、リップルをベイエリアで働くための最高の場所の一つにランク付け

グレート・プレイス・トゥ・ワーク・ランキングは、従業員の職場での経験やフィードバックに基づいています。このデータは、特定のニーズに関する情報に基づいて企業が改善できるように集められます。調査を実施する際には、トラスト・インデックス調査を使用して、優れた職場の期待される要素について定性的および定量的な情報を取得します。このようにして、従業員は雇用主についてのフィードバックを共有できます。

Rippleは、公式Twitterページで最近のツイートでこの認知を表明しました。

私たちは、ベイエリアの#BestWorkplacesの一覧で@FortuneMagazineに認識されたことを光栄に思っています。認識してくれてありがとうございます!https://t.co/UNix5fbmtW pic.twitter.com/je3mcxXCBJ

— Ripple (@Ripple) 2023年6月12日

調査のために収集された情報には、企業のリーダーがどの程度アクセス可能で信頼できるか、従業員がどのように扱われ、評価され、彼らの給与が仕事量に対してどのように見られるか、昇進の構造とパターン、成長の機会があるか、自分たちの仕事に誇りを持っているか、楽しんでいるかなど、多くの基準が含まれます。

従業員のフィードバックは、さまざまな基準を使用して徹底的に分析され、ランキングが形成されます。2022年に700万人以上の従業員を抱える企業から130万件の回答を収集した後、約10万件の回答を集め、2023年のフォーチュンのベスト・ワークプレイス・イン・ベイエリアにランクインすべき企業を選びました。

Rippleの従業員の95%が良好な職場環境を持っている

Rippleの従業員のほとんど、約95%が、Rippleが良好な職場環境を提供していると同意しています。高い割合は、通常アメリカの職場の回答率である約57%に比べても大きな成果です。

Rippleの従業員が述べたコメントには、必要に応じて仕事を休めることができる、自由で独立した雰囲気、会社が提供する施設による快適な職場環境、そして管理陣の誠実さとポジティブな倫理観が含まれます。

Rippleの75社のうち8位にランクインすることは、同社の文化について多くを示しています。まず、昨年の100社の中規模最高企業の34位に比べて改善されています。同社は、従業員が自己の最高のバージョンとなり、学習とキャリア開発の場となる職場環境を作り出していることを誇りにしています。このブロックチェーン決済プロバイダーは、従業員を重視し、革新的なタスクを実行しながら本当の自己を引き出すのに役立つ施設を備えた職場であるとアピールしています。