元SEC長官が警告、「今すぐ暗号通貨プラットフォームから離れるべき」-何が起こっているのか?

元米国証券取引委員会(SEC)執行部門長のジョン・リード・スターク氏は、2023年6月8日のツイートで警告を発しました。「今すぐ暗号通貨プラットフォームから出てください」というラベルが直接付けられた警告です。

SECがCoinbaseやBinanceに対する行動を起こした後、スターク氏は暗号通貨投資家にこの警告を発しました。SECは6月5日、Binance Holdings Ltd.とそのCEOであるチャンペン・ジャオ氏に対する苦情を提起しました。

集団訴訟が提起された翌日、監視機関は、暗号通貨取引所であるCoinbaseがSECの証券法に違反したとして、2回目の訴訟を起こしました。

彼は、暗号通貨取引所には注文フロー、価格、または記録保持の規制がないことを指摘し、「顧客保護におけるギャップではなく、渓谷がある」と述べました。

彼は、米国のルールや規制に従う必要がないという法律上の要件があると言いました。これらの倫理的でない慣行を禁止するすべての規則には、インサイダー取引、市場操作、および顧客に対する取引が含まれます。

スターク氏は、同社がSECに登録していないため、彼の信念の理由はそれであると述べました。運営上の監督不足と顧客の安全性の深刻な欠如が、これに直接責任があると彼は言いました。

さらに、スターク氏は、暗号通貨取引所がサイバーセキュリティやプライバシー保護に関する法律を遵守する必要がないことを主張しました。彼らは内部コンプライアンスの義務から免れているため、懸念を扱わないのです。

彼はまた、運営と財務の最低基準の欠如を取り上げ、業界の状況を暗く描写しました。

中央集権型取引所は既にユーザー数の減少を目撃しています

スターク氏の警告は、暗号通貨プラットフォームに関する規制上の曖昧さに対する投資家の懸念の増大と一致しています。

法的審査、不十分なセキュリティ対策、コンプライアンス慣行の欠如などの理由から、多くの人々が代替の分散型ソリューションを探しています。

スターク氏の警告は、中央集権型取引所(CEX)の取引量が減少し始めた時期に発信されました。

中央集権型取引所の月間取引量は4月から23.2%減少し、2020年11月以来の最低水準となりました。

SECによる最近の法的措置が取られる前から、中央集権型取引所の取引量は5月に急激に低下し、分散型取引所(DEX)では増加しました。

暗号通貨業界は、米国の金融市場が一般的に遵守する制約の外で作業しています。

これは、スターク氏によると、資産のカテゴリーがより発展し、広く認知されることを望むなら、最初に規制に従う必要があるということです。これは、暗号通貨空間の多くの人々が提起している批判にもかかわらずです。

これが、FTX取引所の崩壊以降、過去6週間にわたって暗号通貨企業に対するSECの執行措置が増加した理由です。

SECによる暗号通貨業界の制御を試みる試みは、過去5年間と比較して、2022年第2四半期に急激に増加しました。