元ミネソタ・バイキングスの共同オーナー、7億ドルの仮想通貨詐欺で有罪判決を受ける

元ミネソタ・バイキングスの共同オーナーであったレジナルド・ファウラーが、7億ドルの仮想通貨詐欺で有罪判決を受けたことが明らかになった。

ワシントン・ポストによると、64歳のファウラーは、現在閉鎖されたプロフットボールリーグであるAlliance of American Football (AAF)を詐欺的な仮想通貨投資でだまし取ったとされる。

米国ニューヨークの検事局が発表した判決によれば、アリゾナ州に拠点を置くビジネスマンは、75ヶ月の刑期を務め、7億4000万ドルを没収し、5300万ドルの賠償金を支払うことになる。

さらに、彼はマイノリティオーナーとしてミネソタ・バイキングスを買収しようと試み、2014年にその関与が終了するまでチームのマイノリティオーナーであったと報じられている。

ファウラーの犯罪行為

AAFは、急に破産したため、2019年に閉鎖され、運営を維持できなくなった。

シャドウバンクとして使用される仮想通貨取引所から何百万ドルもの資金を持っていると偽り、AAFの幹部に嘘をついていたとされる。

しかし、検察官は、64歳のフォウラー氏を銀行詐欺とマネーロンダリングの罪で起訴した。

彼は2018年10カ月間に行われた規制されていない取引で7億ドル以上を巻き上げたとされている。

「彼は合法的な米国の金融機関に嘘をつくことで、米国の金融システムを重大なリスクにさらした。」と検察官のウィリアムズ氏は述べている。

「そして、彼はその見返りとして、自分の純資産価値を嘘をついてプロフットボールリーグに提供した。」と、この弁護士は付け加えました。

弁護士のエドワード・サポーネは、ファウラー氏は60年以上のコミュニティおよび家族への奉仕の後、自分自身を犯罪に巻き込ませたことに対して悔恨の念を抱いていると述べている。

「レジーは非常に後悔しています。」とサポーネ弁護士は書いています。「アメリカンリーグは、レジーが計画していた投資から利益を得ることができませんでした。レジーの銀行口座は凍結され、彼は投資資金を確保できず、彼が約束した巨額の資金を投資することができなかった」とサポーネ氏は提出書類で説明しています。

ファウラーの疑わしい犯罪活動

ファウラー氏の判決は、シャドウバンク取引に関与したとして2019年に逮捕された複数年にわたる事件の終わりを告げるものである。

検察官によると、ファウラー氏は、仮想通貨取引所を使用して銀行のような取引を開始したという。

ファウラー氏のシャドウバンキング活動に関与した仮想通貨取引所は、Crypto Capital Corpであった。

この仮想通貨取引所は、従来の銀行システムの外で仮想通貨スタートアップの取引を容易にすることを目的としている。

なお、ファウラー氏は2020年に起訴された罪を否認していたが、2022年4月にその立場を変えたことに留意する必要がある。

ウィリアムズ氏は、ファウラー氏が2018年2月にGlobal Trading Solutions (GTS)を設立することで、数々の犯罪行為を実行したことを明らかにした。