元FTX.USの社長の新しいベンチャーが、仮想通貨取引のためにAIを活用しようとしています

多くの人々は、人工知能(AI)がほとんどの産業に深い影響を与えると確信しており、仮想通貨取引も例外ではありません。FTX.USの元社長であり、親会社の崩壊の数か月前に辞任したブレット・ハリソンは、AIを使うことでアルゴリズム取引戦略のコーディングが容易になると考えています。

彼の新しい事業、Architectは、2023年1月にCoinbase Venturesとアンソニー・スカラムッチなどから500万ドルのシードラウンドを獲得し、個人トレーダーや大手機関に投資ツールを提供することを目指しています。ハリソンはKocooのインタビューで、Architectのプラットフォームは5月以降、ベータモードで選択されたクライアントに提供されています。

AIへの関心が最も高まった2月または5月ごろ、Architectは、Sam AltmanのOpenAIが作成したチャットボットChatGPTなどの生成AIツールを使用して、仮想通貨のアルゴリズム取引コードを作成する機会を見つけました。このようなアルゴリズムを作成する上で最も難しいのは、ゼロからスタートする最初のステップです。なぜなら、それには専門的なスキルと知識が必要であり、すべての取引会社が社内で持っているわけではないからです。

ハリソンは、「私たちのアイデアは、OpenAIのAPI(アプリケーションプログラミングインターフェース)を活用し、さまざまなプロトコルの上に構築した内部取引APIと組み合わせることで、自然言語プローブを使用して取引戦略コードを生成することを可能にすることでした」と述べました。たとえば、Architectのプラットフォームを使用すると、トレーダーは、Coinbase(COIN)の価格が他の仮想通貨取引所よりも下がったときにビットコインを購入するソフトウェアを設定することができます。

初期段階

しかし、ArchitectはまだAIツールの「初期探索」フェーズにあり、それをプラットフォームの一部として展開することを想定しています。ハリソンによれば、顧客のフィードバックに基づいて検討されているもう1つのAIパワードツールは、実際に大規模な言語モデル(LLM)を高度な市場指標として使用すること、またはLLMを直接トレーディングプロセスに組み込むことです。

OpenAIのChatGPTやGoogleのBardなどのLLMは、言語の大規模なデータセットで訓練された人工ニューラルネットワークであり、複雑な概念を理解し、ユーザーにわかりやすい方法で説明することができます。

もっと読む: AIは仮想通貨市場でトレードの優位性を生み出すことができる

ハリソンは、「主なテーゼは、伝統的な資産とデジタル資産がシームレスに混在する世界に備えた機関が可能なソフトウェアを構築することです」と述べました。「しかし、私たちはAIが今後のほとんどのビジネスの重要な要素になると考えており、私たちのユーザーがAIツールを活用する機会を逃したくなかったのです。」

最終的には、トレーディング戦略の成功は、それを構築するチームに依存するということになります。ハリソンは、OpenAIのChat GPTのようなものから得られる結果は、それに与えられるプロンプトの良し悪しによってのみ決まると指摘しました。

「戦略を確認し、機能していることを確認し、微調整し、テストする必要があります」と彼は述べています。

FTXとの関係

新しい取引プラットフォームに関係なく、FTXの影がハリソンとArchitectに追いかけています。FTXは、仮想通貨界で最も注目された崩壊の1つを経験した会社です。

ハリソンは2022年9月末にFTX.USの社長職から辞任し、取引所の崩壊の数か月前でした。Architectのウェブサイトに掲載されている従業員のうち6人は以前FTX USで働いていました。

FTXとの関係と資金調達について尋ねられたハリソンは、一部の投資家はそれを忘れることができず、他の投資家はそれを忘れることができたと述べました。

「私は公に話しました。崩壊前にサムが業界に本当の力を持っていた方法や、それが私の資金調達プロセスにどのように影響を与えたか、崩壊前にどのような関係があるのかについて人々が尋ねることがありました。そして、崩壊後、同じ投資家の一部は私のFTXとの関連性について心配しました。しかし、それは私が話した全員の中のごく一部でした」と彼は述べました。

「私たちは、業界において最も困難な時期の1つである、クリプトだけでなく、VC(ベンチャーキャピタル)の領域全体で資金調達をするための非常に成功した資金調達を行うことができました」とハリソンは述べました。

訂正(2023年7月5日19:00 UTC):以前のバージョンの記事では、ハリソンの役職をFTX USのCEOと誤って記載していました。

編集:Nelson Wang、Aoyon Ashraf。