「利上げにより、Makerプロトコルの収益が2年ぶりの高水準となる1億6500万ドルに達しました」

Following the interest rate hike, the revenue of the Maker protocol reached a 2-year high of $165 million.

出典:Adobe/Сергей Шиманович

人気のある分散型金融(DeFi)プロトコルMakerによって生成される年換算の収益が1億6500万ドルを超え、2年ぶりの高水準となりました。

収益の強力な成長は、Makerburn.comのデータからも確認できます。執筆時点では、収益は2021年11月の高水準を上回り、2021年5月以来の最高水準に達していることが示されています。

3年間のMaker収益チャート。出典:Makerburn.com

一方、MakerDAOが発行する米ドルペッグのステーブルコインであるDAIの供給量は、同じウェブサイトのデータによると、5か月ぶりの高水準である53.5億DAIに上昇しました。

この上昇は、Tronの創設者であるJustin Sunなどの有名な暗号通貨の人物を含む、より多くのユーザーがMakerプロトコルによって支払われる高い預金金利を利用するためにDAIを購入していることによるものです。

1年間のDAI供給チャート。出典:Makerburn.com

預金金利の引き上げ(現在は年8%)は、Makerのコミュニティによって8月4日に承認され、Makerの創設者であるRune Christensenは2日後にフォロワーに変更を発表しました。

「金利が非常に高いのは、現在Dai Savings Rate(DSR)を使用しているユーザーがあまりにも少ないためです。現在、Daiの保有者の約8%しかDSRを使用していません。これにより、Enhanced DSRシステムが金利を引き上げ、より多くのユーザーを引き寄せるのです。さらに多くのユーザーが訪れると、金利は下がるでしょう」と、Makerの創設者は当時コメントしました。

MakerのDai Savings Rate契約により、DAIの保有者はDAIを預けることでプロトコルの収益の一部を得ることができます。

収益は、担保預金からの収益とプロトコルのユーザーが支払う手数料の両方から生成されます。

Makerburn.comのトップデポジターのランキングによると、Justin Sunと分散型ステーブルコインプロトコルOlympusDAOに関連するウォレットがそれぞれ1億4850万ドルと1億2480万ドル相当のDAIを預け入れ、金利の増加を利用しています。

Dai Savings Rateのトップデポジター。出典:Makerburn.com