「大失敗の後、BALDデベロッパーが$12Mをイーサリアムに返送」

Following a major failure, the BALD developer returns $12M to Ethereum.

  • 開発者は2,100イーサを暗号通貨取引所Krakenに送金しました。
  • このミームコインは8月に90%暴落しましたが、一部のトレーダーはトークンから莫大な利益を得ることができました。

最近数ヶ月間で最もバイラルなトークンの1つであるbald(BALD)の謎の開発者は、日曜日にイーサ(ETH)で約1,200万ドルをイーサリアムネットワークに送金しました。

この転送は、数週間前にbaldが8,000万ドルの時価総額に急騰した後、一部の行動が価格を90%下落させた後に行われました。

アナリティクス企業Lookonchainが引用したデータによると、baldトークンのデプロイャーは日曜日にベースネットワークからイーサ7,000(12.9百万ドル)をイーサリアムにブリッジしました。ブリッジングとは、異なるブロックチェーン間でトークンを転送することを指します。

その後、デプロイャーは現在の価格で387万ドル相当の2,100イーサを暗号通貨取引所Krakenに預け入れました。

Dune Analyticsのクエリによると、ベースネットワークから送金された金額がブリッジされた金額を上回ったのは、これが初めてです。

8月初旬のbaldの謎の上昇は、暗号通貨取引所Coinbaseが構築したブロックチェーンであるベースが公式に一般公開される前でさえ起こりました。トレーダーが500ドルを何十万ドルに変えたというバイラルな投稿が、Baldをわずか数日で4,000,000%急騰させ、他の平坦な市場からリターンを引き出すことを望むトレーダーたちによって6,600万ドル以上のイーサを生態系に引き寄せました。

baldはすべてを持っているように思えました:絶え間ない流動性、成長するコミュニティ、新しいトレーダーの流入、そして一部の人々の間では次のShiba Inu(SHIB)になる可能性があるという望み。しかし、この幸福感は数日以上続きませんでした。トークンのデプロイャーが何百万ドルもの流動性を引き出したことで、Baldの価格は最大90%下落しました。これにより、不確実性の中でトレーダーたちが一斉に退出を急ぐ中、センチメントは急速に悪化しました。

デプロイャーは以前にも、ベースネットワーク上に構築された取引所Leetswapの流動性プールに3,500万ドル相当のイーサを追加しており、それによって資金が十分に提供されているプロジェクトの偽装を生み出していました。

彼らはまた、baldトークンに対してイーサを供給し、価格が上昇した際にイーサをbaldに売却することで何百万ドルもの手数料を稼いでいた可能性があります。

そのため、価格の下落後も開発者はほとんど動じていませんでした。「デプロイャーアドレスが制御するトークン、流動性トークンを含むものは、デプロイャーが自由に使用する権利を有しています」と彼らはツイートで述べています。

「このトークンを取引し続けることを決めるなら、おそらくお金をすべて失います(すでに失っていないという不思議なことがあるなら)。これはミームコインです。ロードマップはありません。このトークンの基本的な価値は0ドルです。BALDチームは存在しません」と彼らは当時追加しました。

一部の探偵は、ウォレットの活動やAlamedaのプロジェクトへのリンクから、Baldがサム・バンクマン・フリードが所有するAlameda Researchに関連しているとさえ結びつけています。しかし、富裕なデプロイャーの正体は月曜日現在も謎のままです。

更新(8月14日、11:00 UTC):箇条書きを追加。

編集:Parikshit Mishra。