フィンテックスタートアップのFnalityが、ゴールドマン・サックスとBNPパリバの指導のもと、9500万ドルの資金を調達しました

フィンテックスタートアップ企業のFnalityが、世界的金融企業であるゴールドマン・サックスとBNPパリバの支援のもと、9500万ドルの資金調達に成功しました

Fnalityは、中央銀行が保有する現金で担保付けられた主要通貨のトークン化版を構築することに重点を置いたフィンテック企業です。同社はシリーズBの資金調達ラウンドで、ゴールドマン・サックス・グループ(NYSE: GS)やBNPパリバ(EPA: BNP)などの主要金融機関が主導する形で、9500万ドルを調達しました。[成功裏に確保]

Fnalityの資金調達と主要参加者

DTCC、ユーロクリア、野村、ウィズダムツリーなどの主要なプレーヤーも参加しています。注目すべきは、2019年の6300万ドル資金調達をサポートしたいくつかの銀行が、今回のプロジェクトへのコミットメントを再確認したことです。これらの機関には、Banco Santander SA(BME: SAN)、BNY Mellon、Barclays Plc(LON: BARC)、Lloyds Banking Group Plc(LON: LLOY)、UBS Group AG(SWX: UBSG)などが含まれます。

最近のシリーズBの資金調達により、Fnalityは中央銀行の現金によって裏付けられたフィアット通貨のトークン化における先駆的な取り組みを続けることができるようになりました。主要金融機関からの支持は、Fnalityが伝統的なファイナンスと新興の分散型ファイナンスの間のギャップを埋める役割を果たすことを業界が認識していることを再確認しています。

許可されたブロックチェーン上またはパブリックブロックチェーン上で伝統的なファイナンス資産をトークン化することが、金融業界で注目されています。Fnalityは現金をブロックチェーン上に持ち込むことで、共有された台帳を利用して卸売銀行における納品対決(DvP)を実現する点で先駆者です。

Fnality InternationalのCEOであるRhomaios Ram氏は、シリーズBの資金調達の重要性を強調し、次のように述べています。

「弊社のシリーズBの資金調達ラウンドは、伝統的なファイナンス(TradFi)と分散型ファイナンス(DeFi)のギャップを埋める、中央銀行の裏付けによるブロックチェーンベースの決済ソリューションに対する金融セクターの要望を反映しています。」

ゴールドマン・サックスのデジタル資産部門責任者であるMathew McDermott氏は、トークン化の成長トレンドにおけるFnalityの「重要な促進役」としての役割を強調しました。彼は、Fnalityのブロックチェーン技術の適用により、金融機関が中央銀行の資金を即時の国境を越えた支払い、担保移動、セキュリティ取引など、さまざまな用途に活用できる堅牢なソリューションを提供できると指摘しています。

Fnalityのトークン化への取り組み

Fnalityは、UBSを中心とする銀行のコンソーシアムとして注目を集めました。当初はユーティリティ・セトルメント・コイン(USC)プロジェクトとして知られており、承認の追求において規制上の遅延に直面しました。

しかし、Fnalityは変化する規制環境に対応するために戦略を修正しました。翌年の4月に『インノベーターは総務アカウントを通じて中央銀行の資金にアクセスできる』と発表したイギリス銀行(BoE)が、Fnalityはすぐに申請しました。同社は2022年2月に、Ethereumブロックチェーン上でのトークン化セキュリティの発行についての概念実証を完了しました。Fnalityはそのプロセスの支払い側を担当しました。

Fnalityの資金調達の成功は、主要通貨のトークン化を通じて卸売銀行を転換するという同社のミッションにおける重要な進展です。フィンテックの風景が進化するにつれて、Fnalityのブロックチェーンベースの決済ソリューションへの革新的なアプローチが、将来の金融取引の形成に影響を与えるでしょう。