フロリダの金融規制当局は、ビットレックス取引所が破産を申請する前に、いくつかの州法に違反していると非難しています

米国デラウェア州で5月8日に倒産申請を行った暗号通貨取引所のBittrexは、フロリダ州で複数の法律に違反していると非難されています。

フロリダ州の金融監督官は、5月の倒産申請の前に、同取引所が複数の州法に違反しているとして訴訟を提起しました。

裁判所の文書によれば、フロリダ州金融規制局(OFR)の助任総務ブランドン・グリーンバーグ氏は7月5日に提出を行いました。提出書によれば、Bittrexはフロリダ州法第560章およびそれに対応する規則のいくつかの規定を遵守していなかったとされています。

グリーンバーグ氏は、州の規制当局が以前にもBittrexに対して提起された訴えを解決するための選択肢を検討するよう助言していたと主張しています。OFRは、債務者に対して債権者が一時的に追求できない自動停止(Automatic Stay)の要求に反対しています。

Bittrexに対する告発は、顧客の資産を運営資金から分離せず、また「正しい金額の担保保険を常時維持しなかった」というものです。

「当局の行政裁量において、これらの違反のうちどれを訴えるか訴えないかを決定することが重要です。」

提出書には、OFRが2022年10月から2023年3月まで、テキサス州、メリーランド州、ミシガン州の金融監視機関と連携して多州間調査を行ったことも記されています。

Bittrexは3月に米国の業務を撤退

Bittrex取引所は、年初に米国の業務を閉鎖する意向を発表しました。これは、米国財務省の外国資産統制局と金融犯罪取締ネットワークから5300万ドルの罰金を受けた後であり、規制および経済環境が不確かであることに留意したものです。

OFRは調査の結果、4月17日にBittrexに対して3つの法廷を含む苦情を出したと述べられています。同時に、米国証券取引委員会(SEC)は、同取引所が証券取引所、ブローカー、およびクリアリング機関として連邦法に違反していると非難しました。

規制当局はさらに、同社が「より具体的な議論を行い、和解の可能性を探ることに興味があるのか」という点について、同社に助言を行ったとグリーンバーグ氏は述べています。助言に従い、Bittrexは「残念だ」と述べ、OFRが同社に対して執行措置を取ることに対して不満を表明しました。

提出書には、「2023年4月30日、Bittrex Inc.はフロリダ州の法律に従ってフロリダの送金業者ライセンスを返上しました」と記されています。