ファーストムーバーアメリカ:eToro、米国顧客向けにSECのターゲットになった4つのトークンを廃止

この記事は、First Moverに掲載されたものです。First Moverは、Kocooのデイリーニュースレターであり、暗号通貨市場の最新動向を文脈に置いて紹介しています。 毎日受信トレイに届けるために購読してください

最新の価格

トップニュース

ソーシャル投資プラットフォームのeToroは、米国証券取引委員会(SEC)の最近の法的措置に対応して、1か月後に米国の顧客向けに一部の暗号トークンのリストを削除します。7月12日から、eToroは米国の顧客に対して、Algorand(ALGO)、Decentraland(MANA)、Dash(DASH)、Polygon(MATIC)のトークンで新しいポジションを開くことができなくなります。ただし、これらのトークンの既存のポジションを保持および売却することは引き続き可能です。eToroは、「最近の動向」を理由に挙げ、SECが暗号通貨取引所CoinbaseとBinanceに対して提起した法的措置に言及し、一部の暗号通貨が証券であると主張したと述べています。

市場メーカーやトレーダーが、先週のSECによる訴訟を受けて、Binance.USから大量に逃げ出しています。 Kaikoによると、Binance.USの17のトークンの集計市場深度による流動性は、訴訟前日の6月5日には3400万ドルだったのに対し、月曜日には700万ドルにまで落ち込みました。同レポートによると、Binance.USの米国市場シェアは、4月の20%から4.8%に減少しました。Kaikoによると、Binanceグローバルも市場深度が7%低下し、6月初めからの数字です。

英国のデジタル資産スペースのメンバーは、英国の金融監督当局が企業をインフレ対策として暗号通貨のプロモーションから離れるよう提案したことを、大部分が支持しているようです。 限られた供給量のビットコイン(BTC)などの暗号通貨が物価上昇に対して堅調に推移するという主張は、理論的には正しいかもしれませんが、暗号通貨のボラティリティとデータ不足が結合すると、投資家を誤解させる可能性があるため、業界関係者はKocooに語っています。英国金融行動監視機構(FCA)は先週発行した暗号通貨のプロモーション物資に関する厳格な規則には、無料の非代替トークン(NFT)のプレゼントやエアドロップを禁止すること、また、安定コイン発行者に関するガイダンスを発表しており、企業は「安定性の主張または法定通貨へのリンクを実証することができる必要がある」と述べています。

本日のチャート

  • このチャートは、2020年初頭以来の暗号通貨市場の月間取引量を示しています。
  • 5月には18の中央集権型取引所の総取引量が最低になり、活動が鈍化しました。
  • 「夏の月は通常、活動量とボラティリティが低下する傾向にあり、大きな市場イベントがない限り、同様の傾向が予想されます」と、パリに拠点を置く暗号通貨データプロバイダーのKaikoは指摘しています。
  • 暗号通貨投資ファンドは8週連続で資金外流
  • SECの一時差し止め命令はBinance.USの事業を「事実上終了する」と同社が主張
  • Galaxy Digitalによる12億ドルの買収取り消しに対するBitGoの訴訟がデラウェア裁判所によって却下される

スティーブン・アルファーによる編集。