米国初のレバレッジビットコインETF、デビュー以来420万ドルの取引高を記録

米国初のレバレッジ仮想通貨ETFである「Volatility Shares 2x Bitcoin Strategy exchange-traded-fund(BITX)」が、火曜日に取引を開始し、これまでに約420万ドル相当の取引高を記録しました。

Bloombergのデータによると、最初の15分間に約50万ドル相当の株式が取引されました。BITXの現在の株価は約15.48ドルであり、取引セッション開始以来2%上昇した15.90ドルまで上昇しました。

米国証券取引委員会(SEC)は、金曜日にETFを有効にすることを許可し、火曜日に取引を開始するための舞台を設定しました。既にいくつかの先物ベースのETF商品が米国で取引されていますが、SECは一貫してスポット商品の立ち上げをブロックしてきました。他のレバレッジビットコイン先物商品も、必要な承認を得ることに失敗しています。

ビットコイン先物に裏付けられた最初のETFは、ProSharesの「BITO」であり、同社によると2021年の初めに取引を開始し、初日に約10億ドル相当の取引高を記録し、約5.7億ドルの資産を集めました。

続きを読む:ProShares’ Bitcoin Futures ETF Racks Up Biggest Weekly Inflow in a Year

Nelson Wangによる編集。