連邦裁判官、SBFに対する刑事訴訟の取り消しの前提的な動議を退け、根拠不十分を理由に却下

FTXの元社長であり、リスクのある賭けで顧客のデジタル資産を87億ドル以上浪費したとされるサム・バンクマン・フリード(別名SBF)は、ニューヨークの連邦裁判所で自分の無実を主張し続けています。最新の情報によると、SBFは今年10月初旬の裁判前に提起された刑事告訴の取り下げを求めるすべての申立てを却下されました。SBFの弁護士によれば、裁判所は、詐欺、銀行詐欺、無免許の送金業者の運営、贈賄、および選挙資金の告発については、FTXの顧客に経済的損失がないとされる告発がないため、ほとんどの告訴を却下すべきであるはずだと主張しています。

しかし、ニューヨーク南部地区連邦裁判所のルイス・カプラン判事は、刑事告訴の取り下げは極めて限られた状況にのみ許されるものであるため、根拠がないと判断しました。カプラン判事は、SBFがFTXの顧客の資金をアラメダ・リサーチという姉妹企業にリスキーなローンを発行することで横領したと指摘しました。

「第2巡回区は、取り下げを『極端な制裁』と見なし、『極めて限られた極端な状況』にのみ適用されるべきであり、特に重大な犯罪行為が関与している場合には、真に極端なケースに対して予約されるべきである」と判事は述べました。

SBFが金融機関に実際の企業状況を隠し、より多くの資金を調達するために行ったとされる容疑に対して、判事は彼に対する告訴が審理にかけられるべきだと主張しました。さらに、判事は、バハマの司法制度が告訴状の申請を承認した後でも、その告訴内容について知っていたと指摘しました。

SBFは厳しい時期を迎える

この元仮想通貨億万長者は、裁判所が彼に対して提起された告訴で有罪と判断すれば、アメリカ合衆国で厳罰の刑を受けることになります。特に、SBFの弁護士は元同僚であるカロリン・エリソン(アラメダ・リサーチの前CEO)やゲイリー・ワン(FTXの共同創設者)と対峙しなければなりません。彼らはすべて告訴内容に対して有罪を認め、アメリカ合衆国の検察官と協力することに同意しました。

なお、アメリカ合衆国の検察官は、エリソンとゲイリーに対して、FTXおよびSBFの調査に完全に協力することを条件に刑の軽減を約束しました。

また、アメリカ合衆国証券取引委員会(SEC)はすでに仮想通貨関連犯罪に対する取り組みを示しています。さらに、ニューヨーク州司法長官のレティシア・ジェームズは、CoinEXを含むいくつかの仮想通貨企業に対して告訴し、数百万ドルを回収しています。ジェームズ司法長官によれば、未登録の仮想通貨プラットフォームは投資家や消費者、経済の基盤に重大なリスクをもたらすとのことです。

その結果、SBFは裁判官と陪審員に対して、彼に対して提起された告訴の無罪を疑いの余地のない主張を行わなければなりません。