「FTXに関連するFarmington State Bankに連邦執行措置が課される」

Federal enforcement measures imposed on Farmington State Bank related to FTX.

連邦準備制度理事会は、小さな銀行であるフェーミントン州立銀行(Moonstone Bank名)が、デジタルアセットに関連する活動を秘密裏に行っていたため、その業務を終了するよう命じたと木曜日の執行措置によって明らかになりました。

文書によれば、フェーミントンは2022年に「不適切に」デジタルアセットに関する事業計画に転換したが、監督官に通知せず、承認を得ることなく行ったとされています。連邦準備制度理事会とワシントン州金融機関局の共同執行措置により、ワシントン州に拠点を置くこの銀行は、監督官の許可なしに「配当金や資本配当を行ったり、現金資産を浪費したり、特定の活動に従事したりすること」を禁止されています。

フェーミントンは、2020年に銀行持株会社となった際に、連邦準備銀行との間で署名した合意書により、「デジタルバンク業務」を避け、事業計画の変更を回避することを約束していたと連邦準備制度理事会は述べています。しかし、フェーミントンは第三者と協力して、特定のステーブルコインの発行に関する「鋳造および焼却手数料の50%」と引き換えに、ITインフラストラクチャを設計したと連邦準備制度理事会は主張しています。

この一支店銀行は長年にわたり、地域の貸し手として活動しており、デジタルアセットの取引は伝統的な金融サービスに比べて行っていませんでした。しかし、昨年、FTXの姉妹会社であるアラメダリサーチが11.5百万ドルの出資を行った時点で、銀行はその計画を変更しました。

今年早く、連邦検事は、フェーミントンから5,000万ドルを押収し、その資金がBankman-Fried氏の暗号通貨投資家を詐欺するための計画の一部として、この小さな地域銀行に預けられたと主張しました。