FCバルセロナが「World of Women」と提携し、サッカーNFTを発売する

FCバルセロナは、NFTプロジェクトのWorld of Womenと提携し、ユニークなサッカーNFTを制作しました。サッカーNFTのタイトルは「Empowerment」で、FCバルセロナ女子チームのキャプテンであり、UEFA女子年間最優秀選手賞2022を受賞したアレクシア・プテジャスのアニメーションポートレートが特集されています。WoWのリードアーティスト、ヤスミン・デ・クリストファロが、プテジャスのイメージを参考に作品を制作し、彼女のスタイルとビジョンの要素を加えました。

デジタルアートを通じた歴史の展示

2023年6月26日から6月28日まで、ファンはOpenSeaでサッカーNFTに入札することができます。開始価格は0.1ETH(約350ドル)で、市場需要に応じて最終価格が決定されます。その後、すべての収益は、世界中の子供や若者の社会プロジェクトを支援するバルサ財団に寄付されます。

FCバルセロナとWoWのコラボレーションは、クラブの価値観や歴史をデジタルアートを通じて展示するクラブのMasterpiece NFT Collectionの一部です。コレクションの最初のNFTは、「In A Way, Immortal」というタイトルで、2022年6月に発売されました。それは、FCバルセロナの伝説的な選手兼コーチであるヨハン・クライフを特集していました。コレクションの2番目のNFTは、アレクシア・プテジャスとWorld of Womenが特集されています。残りの作品には、FCバルセロナの他の象徴的な瞬間やキャラクターが特集されます。

サッカーNFT:ファンとの新しい接続方法

サッカーNFTは、ファンがお気に入りのチームや選手とつながる新しい方法を提供しています。クラブやリーグにとって、新しい収益ストリームやエンゲージメントの機会を提供します。Deloitte Globalのテクノロジー研究責任者であるポール・リーは、この潜在性を確認しています。

一方、誰もがそれに沸き立っているわけではありません。批評家の中には、サッカーNFTが過大評価され、持続不可能で環境に悪影響を与えると主張する人もいます。同様に、無料でオンラインで視聴できるため、ほとんどのサッカーNFTが所有権や使用権を付与しないことを指摘しています。また、簡単にコピーまたは盗まれる可能性があるデジタルアセットに対して支払いをする論理についても疑問を呈しています。したがって、サッカーNFTが広い観客にアピールするためには、長期的な持続性を証明し、作成に関する懸念を解決する必要があります。