FBI警告:北朝鮮のハッカーグループであるラザラスとAPT38が盗まれたBTCを現金化し、4000万ドル相当の価値がある可能性があるとのことです

FBI warning The hacking groups Lazarus and APT38, associated with North Korea, may have cashed out stolen BTC with a potential value of $40 million.

出典:FBI

米国連邦捜査局(FBI)は、火曜日に暗号通貨企業に対し、北朝鮮のハッカーが近々、4,000万ドル以上の盗まれたビットコインを現金化しようとする可能性があると警告しました。

北朝鮮の有名なハッカーグループであるラザルスとAPT38は、過去24時間で複数の仮想通貨の強奪から約1,580ビットコイン(BTC)を移動し、FBIが追跡している6つの異なるウォレットアドレスに保持しています。

「民間企業は、これらのアドレスに関連するブロックチェーンデータを調査し、これらのアドレスと直接または派生した取引に対して警戒を怠らないようにする必要があります。」

ラザルスグループは、北朝鮮の脅威の一環とされ、6月に発生したCoinsPaidからの3,700万ドル、Atomic Walletからの1億ドル、Alphapoからの6,000万ドル相当の仮想通貨強奪など、いくつかの有名な仮想通貨ハックに関与しています。

公開された警告によれば、「TraderTraitor」と呼ばれるハッキンググループは、制裁を受けた国に不正収入を生み出す目的で、一連の大規模な仮想通貨関連の強奪事件に関与しており、マルウェア付きの仮想通貨アプリをダウンロードするような受信者を誘惑しているとされています。

「FBIは、暗号通貨盗難を含む北朝鮮の不正な活動に対抗し、収益を上げるための手段としての取引を暴露し続けます。」

ブロックチェーン分析企業TRM Labsの最近の報告によると、北朝鮮のハッカーは過去5年間で20億ドル以上の仮想通貨を盗んだと推定されており、そのうち2023年だけで2億ドルが盗まれました。

4月には、米国財務省の外国資産統制局(OFAC)が北朝鮮に関連するいくつかのアドレスに制裁を科し、仮想通貨取引所のBinanceが同省の4,400,000ドルを押収するのを支援しました。

チェーン分析の調査担当副社長であり、サイバー金融犯罪の専門家であるエリン・プランテは最新のインタビューで、北朝鮮と関連のある人々が「いくつかのハックを通じて推定17億ドル相当の仮想通貨を盗んだ」と述べています。

「ほとんどの専門家は、北朝鮮政府がこれらの盗まれた資産を核兵器プログラムの資金として使用していると考えています。」